BMW4シリーズは、3シリーズ派生のクーペ、カブリオレを設定するほか、4ドアのグラン クーペまで用意するという、ニッチといわれそうな隙間を埋めるようにモデルラインナップが構築されています。

1

2013年9月に投入されたクーペには、2.0L直列4気筒DOHCターボ(245ps/350Nm)、直列6気筒DOHCターボ(306ps/400Nm)が用意されていました。

2016年4月22日から発売された新エンジン搭載車は、BMW 420i、430i、440iの全モデルとなっていて、いずれにも新世代モジュラーエンジンを採用。

「BMW Efficient Dynamics」を謳う、BMWグループの新しいエンジンファミリーに属する新世代モジュラーエンジンは、その名の通りモジュール構造が採用され、気筒あたりの排気量を理想的とする500ccとしてシリンダーを直列に配置し、総排気量に応じて幅広い出力範囲を実現しているのが特徴です。

さらに、ツインスクロールターボ、ダイレクトインジェクションシステム、無段階可変バルブコントロールシステムのバルブトロニック、バリアブルカムシャフトコントロールシステムの「ダブルVANOS」を組み合わせたBMW自慢の「ツインパワーターボ」技術が採用されています。

中でも注目は、BMW 440iに搭載される新世代の3.0L直列6気筒BMWツインパワーターボ。

従来モデルのBMW 435iから最高出力を20ps、最大トルクを50Nm向上させ、326ps/450Nmという高出力化が図られています。

もちろんパワーアップだけでなく、JC08モード燃費も最大で約10%向上。

なお、420iに搭載される2.0Lの直列4気筒DOHCツインパワーターボは184ps/270Nm、430iの2.0Lの直列4気筒DOHCツインパワーターボは252ps/350Nmと、登場時の2.0Lターボよりも7ps向上(最大トルクは同値)。

安全装備では、すでに標準装備されている歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「レーンディパーチャーウォーニング」、ACCの「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)」などに加えて、今回さらに全車に「レーンチェンジウォーニング」が追加されています。

この「レーンチェンジウォーニング」は、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線から急接近してくる車両をドライバーに警告することで、安全な車線変更をサポートする機能になっています。

価格帯は、BMW 4シリーズ クーペが523万〜809万円。420iクーペ/430iクーペが右ハンドル仕様、440iクーペには右/左ハンドルともに用意されています。

4シリーズ カブリオレは、440iカブリオレLuxuryが883万円、440iカブリオレM Sportが901万円で左/右ハンドルを設定

4シリーズ グラン クーペの価格帯は528万〜815万円。420iグラン クーペ/420i xDriveグラン クーペ/430iグラン クーペは右ハンドル仕様、440iグラン クーペは右/左ハンドル仕様ともに用意されています。

(塚田勝弘)

BMW・4シリーズファミリーに新世代エンジンを搭載。燃費と動力性能を向上(http://clicccar.com/2016/04/26/368009/)