防衛省技術研究本部(現・防衛装備庁)と三菱重工が開発を進めてきた国産のステルス実証機X2が22日、愛知県の名古屋空港から航空自衛隊岐阜基地までの初飛行に成功した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 防衛省技術研究本部(現・防衛装備庁)と三菱重工が開発を進めてきた国産のステルス実証機X2が22日、愛知県の名古屋空港から航空自衛隊岐阜基地までの初飛行に成功した。

 中国メディアの南方網はX2が初飛行に成功したというニュースは日本の各紙で大きく取り上げられ、称賛の嵐だったと伝えつつ、X2の開発および初飛行の背後には「日本の軍事的野心が存在する」と主張する記事を掲載した。

 記事は、ステルス戦闘機の製造技術を持つロシアや中国は極めて長期間にわたって技術開発に取り組んできた経緯があることを指摘。戦闘機の開発には莫大な資金が必要となることから、「国家の支援なしにはできないこと」だと伝えつつ、工業力の高い日本といえども、X2の初飛行成功がステルス戦闘機の開発成功に直結するわけではないと論じた。

 さらに、日本がX2を開発してきたのは「日本が高性能な国産戦闘機を求めている野心の現れ」であると主張し、日本がこれまで掲げてきた専守防衛という政策に明らかに背くものであると論じた。

 同記事が主張しているとおり、中国ではX2の初飛行成功によって、日本では戦闘機開発が加速するとの見方が多く存在する。日本はすでにステルス戦闘機「F3(仮称)」開発を行う方針との報道もあるなか、中国がX2の開発の進捗にさらに警戒するであろうことは想像に難くない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)