東京五輪・新エンブレム「組市松紋」が史上もっとも未来的なオリンピック・パラリンピック像を示すエンブレムである理屈。
サノケンさんのおかげでイイものができたよ!

揉めに揉めた東京五輪エンブレムが決定しました。最終候補4作品から選ばれたのは、組市松紋と題された藍色のチェッカー模様の作品。個人的にも最終4作品発表の瞬間からシンパシーを覚え、このエンブレムを選んでほしいと思っていた作品だったことで、大変満足の決定となりました。

<2020東京五輪大会エンブレムに決まったA案・組市松紋>


思い返せばあのサノケン「T」騒動の際は、パクったはずがない、商標は押さえてあるなどのロジカルな理由づけによって、しぶしぶ擁護をするハメにはなったものの、腹の底では「このエンブレム嫌いだな」という想いがずっと燻っていました。大義をもって自分の本心を殺していたのです。

しかし、サノケンさんはたくさんのモノをパクッていてくれた。自ら案を取り下げざるを得ないほどにパクリマクリスティであった。もしサノケンさんがパクリマでなかったなら、あの「T」は憎まれながら東京を埋め尽くしていたでしょう。自滅してくれたサノケンさんによって東京五輪エンブレムは再生のチャンスを得た。そういう意味では、僕はサノケンさんに感謝しています。ありがとう、チャンスをくれて。ありがとう、時間をくれて。ありがとう、組市松紋をくれて。

<五輪推進派都民による推し自慢>

佐野研二郎 世界のグラフィックデザイン 【単行本】

価格:1,258円
(2016/4/26 04:11時点)
感想(0件)



最終4作品はデザインの素人からすればどれがどれでもという段階のものではありました。「え、T?」という低次元の疑問符は浮かばず、それ相応のロジックを持つものでした。A案には藍色と市松紋の伝統美が。B案には躍動感、スピード感、スポーツの持つたくましさが。C案は個人的には野暮ったく感じましたが、風神・雷神というコンセプトはしっかりと筋道の通るものでした。そしてD案は、縮小時の再現性の低さは気になるものの、朝顔自体は東京らしさとしても、エンブレムらしさとしても納得できるものでした。「TOKYOのTです」などというT-岡田みたいなことを言い出すナンセンスパクリングはいなかった。

<最終候補作品B案・つなぐ輪、広がる和>


<最終候補作品C案・超える人>


<最終候補作品D案・晴れやかな顔、花咲く>


ただ、その中でもA案は自分の心にしっくりとくるものでした。シンプルさを好む身としては、このエンブレムのTシャツやキャップが好ましく思えました。単純な形の組み合わせであることから極小サイズでの視認性もよく、湯呑みや切子細工、帯や髪留めなど日本的なグッズへの展開も非常に幅広くかつスマートに行なえるだろうと想像できます。基本色が藍色であることの日本的な美意識や、クールさはもちろん、極端に言えば何色にしても問題ないという点で応用力の広さを感じさせます。

金色にして重箱に箔押ししてもいいでしょうし、焼印として木に焼きつけてもいいでしょう。墨でも、紅でも、どの色でも印象を変えることなく再現できる。大会収益を考えたときのグッズ展開のしやすさ、受け入れられやすさを考えると4作品の中でもトップと言えるのではないでしょうか。エンブレム同士の比較で言えば、風神・雷神でも別にいいわけですが、商売を考えたとき雷神の入ったTシャツは少し悪目立ちするかもしれない。「雷神のTシャツないかのぉ」なんて考えるの、チンピラか京都旅行中の修学旅行生くらいでしょう。僕は人生で一度も「雷神柄」を探したことはありません。

<エンブレム発表記者会見の模様>


好き嫌いについてはすでに述べた通りですが、このA案にはほかの案を上回るロジカルな長所があります。とかく世間は五輪にばかり目がいきがちですが、今回の公募は「オリンピック・パラリンピック」のエンブレムを公募するものです。オリンピックだけよければいいのではなく、その両方を分け隔てなく並び立つものにしてこそ、デザインとしての完成があるはずです。

過去の大会のエンブレムは五輪組織委員会のサイトなどで閲覧することができますが、いかんせんパラリンピックエンブレムにはとってつけの感が拭えませんでした。同じコンセプト、同じ手法を用いつつ、色を変えたり、形を変えたりして、「対」にすることで並び立たせるものが多かった。近年の2大会、2012年ロンドン五輪、2014年ソチ五輪などもそうでしたが、同じ形のマークを用いながら色を反転させて、つながりを持たせるようなものが。

<反転したり対にしたりすることで2種類をつなげたデザイン例>


しかし、それは本質的には「違い」を強調するデザインワークです。赤に対しての緑、白に対しての黒、正に対しての負のように、見分けるための「違い」を内包してしまっていた。それはこれから先の未来に向かって提案すべきオリンピック・パラリンピックの姿ではないように思います。オリンピックとパラリンピックは本質的には同じものであり、いつかは融合すべきもの。どんな人も、どんな状況でも、スポーツを通してともに競い、ともに高め合い、ともによき人生を歩むことができる。そんな未来を思い描くなら、「対」や「反転」は未来に至らないデザインであると思います。

その点において、今回の組市松紋は史上もっとも未来的なオリンピック・パラリンピックのエンブレムと言えるでしょう。まず色が同じです。そして全体を構成しているパーツの数が45個と同じで、かつ「正方形風のもの」「長方形風のもの」「棒状のもの」の3種類それぞれで見ても数がそろっています。デザイナーが真っ先にコンセプト説明で語ったように、同じ数のパーツを組み替えて作ったデザインなわけです。

両者は輪のような形と、三日月のような形で図形としてはまったく異なるものでありどうやっても見分けられるものですが、これを平面ではなく立体物として考えるとどうでしょう。球体に光のスポットが当たっているようなものを想像してください。真正面から光を当てたオリンピックエンブレムと、その光を少しずつ上にずらしていったパラリンピックエンブレム。動画上での表現などが待たれますが、この2種のエンブレムは「見る角度がほんの少し違うだけ」の同じ球体なのです。滑らかに変形し、互いの形を行き来するような表示が映像ではなされるはずです。

しかも、この2つの形にはハッキリとした意味づけがあります。オリンピックシンボルであるところの輪をオリンピックエンブレムに採用し、パラリンピックシンボルであるところの曲線をパラリンピックエンブレムに採用している。不幸にも異なる形・色・数であるところの2大会のシンボルを、今ここにひとつ同じものとして融合させた。その調和にこそ、組市松紋が未来的である理由があると僕は思います。

改めて最終候補案を見ると、D案は数・色において融合することは叶わず、C案は「対」の代表例のような案です。B案はA案とほぼ同様に、オリンピックシンボルとパラリンピックシンボルを形状に取り入れつつ色を含めて同一性を目指したものように思われますが、人型の有無といった点で未来への前進は半歩といったところ。商売としての応用力・展開力、ロジックとしてのオリンピック・パラリンピックの融合した未来像の表現、そして僕の好みである、この3点でA案は最終4作品の中においてももっとも秀でた案だったと思います。

やがてオリンピック・パラリンピックという区別なく、ひとつの大会となる未来が訪れたとき、ふたつを隔てた垣根に掛かる橋のようなエンブレムが過去にあったことが再評価されるのではないでしょうか。「似て非なるふたつのもの」ではなく「違って見えるだけの同じもの」というアプローチが2020年の東京にあったのだ、そういう先見性を示すものとして。僕はこの案、Tのときとは違い、積極的に賛同したく思います。よき作品を、ありがとうございます。

早くこのエンブレムのグッズほしいですね。

とりあえず、ウチに醤油を垂らすに適当な皿がないので、小皿とかを。

佐野研二郎 世界のグラフィックデザイン 【単行本】

価格:1,258円
(2016/4/26 04:11時点)
感想(0件)



「T」のペアが思いつかなくて反転させた案とか、やっぱりナイです!