グレートバリアリーフで9割のサンゴが「白化」している:調査結果

写真拡大

オーストラリア政府の珊瑚礁白化対策チームはこのほど、グレートバリアリーフでのサンゴの白化がこれまで経験してきたなかで最悪の状態になっており、全体の93パーセントが白化していると発表した。

「グレートバリアリーフで9割のサンゴが「白化」している:調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

地球温暖化が進むにつれ、造礁サンゴの白化という現象が不安を感じるほど頻発している。

造礁サンゴの体内には、色素をもち光合成ができる単細胞の藻類(褐虫藻)が共生している。しかし、海水が過度に暖まると(およそ30度以上とされる)、造礁サンゴは、自分たちに栄養を提供してくれるこの共生生物を放出してしまう。そうなるとサンゴは、海水温が冷えて共生生物が戻ってこない限り、彩りと健康を取り戻すことができないのだ。

サンゴの白化は太平洋でエルニーニョ現象が起こると増える傾向にある。エルニーニョ現象になると、一部の海域の海水温が一時的に上昇するからだ。

オーストラリア政府による珊瑚礁白化対策チーム(National Coral Bleaching Taskforce)の研究者たちは先ごろ、オーストラリアのシンボルのひとつでもあるグレートバリアリーフについての調査を完了した。その結果から、現在の白化は、これまで経験してきたなかで最悪の状態になっていることが判明した。

程度の差はあるものの、グレートバリアリーフ全体の93パーセントが白化している。グレートバリアリーフの北半分はもっともひどく、そのおよそ80パーセントは「深刻な白化」に分類される。いちばん南側の部分は海水温上昇から逃れており、深刻な被害があったエリアは1パーセント程度にとどまっている。

調査についてのプレスリリースで、ジェームズクック大学のアンドリュー・ベアードは次のように述べている。

「ポートダグラスの北では、平均して白化したサンゴの50パーセント近くがすでに死んでいます。グレートバリアリーフの別の地域では、最終的な死滅率が90パーセントを超えそうなところもあります。白化がこれほど深刻な状況だと、ほぼすべての種のサンゴに影響が出ます。特に、古く、成長が遅いサンゴは、一度失われてしまうと、元の状態に戻るまで何十年という時間がかかるでしょう」