24日、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市金達莱村の金達莱亭広場の真ん中で高さ1メートル、直径2メートルの飯桶いっぱいに作られた朝鮮族の名物料理「ビビンバ」に大勢の観光客が集まった。

写真拡大

2016年4月25日、中国新聞社によると、吉林省延辺朝鮮族自治州和竜市金達莱村の金達莱亭広場の真ん中で24日、高さ1メートル、直径2メートルの飯桶いっぱいに作られた朝鮮族の名物料理「ビビンバ」に大勢の観光客が集まった。

【その他の写真】

このビピンバは4種類の米とひき肉、クコ、もやし、卵、松の実、ほうれん草、桔梗、ニンジン、海藻などの材料で作られており、総重量は150キロにもなる。しっかりかき混ぜ、でき上がると10分で観光客らに配り終えた。この日に開幕した第8回長白山金達莱国際文化観光祭は30日まで行われる予定。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)