24日、韓国メディアによると、「医療韓流」の人気が高い中国で、医師だとうそをついて違法な整形手術をした韓国人が摘発された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月24日、韓国・SBSによると、「医療韓流」の人気が高い中国で、医師だとうそをついて違法な整形手術をした韓国人が摘発された。

中国の青島に住む24歳の中国人ワン氏はこのほど、腹部の脂肪を分解する手術を受けた。ワン氏は韓国人医師による施術と聞いて手術を決意し、18万ウォン(約1万7000円)を支払った。しかし、手術の直後、穴があくほど皮膚が腐敗するという副作用が出てきたという。調査の結果、手術を行った韓国人パク氏(45)は医師ではなく、漢方薬局でのアルバイト経験を持つ違法施術業者だった。

韓国に送還されたパク氏に対し、ソウル中央地裁は「中国で急成長する医術韓流を利用して不法行為を行った罪は大きい」として、懲役1年2カ月、罰金300万ウォン(約29万円)を宣告した。年間8兆ウォン(約7700億円)規模にまで成長した中国の整形市場では、韓国人医師による施術を希望する人が多い。しかし、今回のように中国人を相手にした違法な医療事故が相次いでおり、韓国内では「世界3大整形市場に成長した中国市場で、医療韓流の人気を自ら落とすことになるのではないか」と懸念する声が高まっている。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「詐欺も韓流か?」
「なぜ韓国に送った?中国の厳しい法律で裁いてくれればよかったのに」

「人のお腹に穴をあけたのに、たった1年2カ月?」
「国に恥をかかせたやつが国民の税金で生活するなんて許せない」
「鳥肌が立つ。人の命で遊ぶなんて…」

「違法な手術を行ったことより恥ずかしいのは、軽すぎる刑」
「韓国で有名な医師はわざわざ中国に行って手術をしたりしない。外国人は冷静な目で医師を見極めて」

「韓国で詐欺罪が他の犯罪に比べて刑が軽いのはなぜ?」
「詐欺共和国がついに輸出まで始めたか…」(翻訳・編集/堂本)