20日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、「中国は炊飯器とスマート便座で鈍化した経済を立て直そうとしている」と報じた。写真は中国の温水洗浄便座。

写真拡大

2016年4月20日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、「中国は炊飯器とスマート便座で鈍化した経済を立て直そうとしている」と報じた。

記事によると、中国政府がこのほど発表した発展計画には「より優れた製品を生産すること」が明記された。貿易や投資ではなく、内需によって経済成長を図る方針だ。この文書には詳細なリストもあり、その中には炊飯器やスマート便座、スマートフォンなどが名を連ねる。

世界の電子製品、家具、おもちゃなどは中国製が圧倒的に多いが、ほとんどの中国人が購入できる値段の国内ブランドの製品は品質がまちまちだ。スマート便座などへの言及は、中国の消費者が中国経済の中でますます重要になっていることを意味している。家庭生活を重視する国民はより快適な生活を求めて、そこにかける支出を増やしている。(翻訳・編集/北田)