しあわせな朝をつくる3つのインテリア

写真拡大

どんより曇り空のような気分の日も、しとしと降る雨のように泣きたい気分の日も。
一日をどう過ごすかは、自分次第。だからこそ、一日のはじまりに使うものは心地よく、快適なものがいい。
朝の支度にこだわりのアイテムを取り入れれば、気分よく、今日を始めることができるはず。
早朝の静けさを邪魔しない、やわらかな光

半分現実、半分夢のなかにいる、心地よいまどろみの時間。いきなりまぶしすぎる人工的な光は似合わない。
陶器越しのオレンジの明かりがやさしいランプシェードなら、あたりをやわらかく照らし、ゆっくりと現実に導いてくれる。

ceramic lampshade 'YAMA' 15,000円(税抜)

>>このランプシェードを購入する

朝のはじまりは、1杯の白湯から

まだ何も口にしていないからっぽのからだに、ふぅふぅと冷ましながらすすりいれる白湯。
のどを通り、食道を通って、ゆっくりおなかへ。じんわり温かい白湯が、小川のようにからだのなかを流れ、徐々にからだが目覚めていく。
朝1杯の白湯は、新陳代謝をよくしてくれたり、お通じを促してくれるデトックス効果も。さらに南部鉄器なら、水道水のカルキをほぼ除去し、鉄分の補給にも一役買ってくれる。

南部鉄器 10,000円(税抜)

>>この南部鉄器を購入する

古い角質も眠気も、さっぱり洗いあげる

歯を磨いている間や、お湯を沸かすガスコンロの青い炎を見つめているとき。
重たいまぶたが、再びベッドへと誘惑してくる。
うっかり二度寝してしまう前に、眠気を古い角質とともにさっぱり洗い流してしまおう。
コーヒー・紅茶を成分に使用したフェイスソープは、アラビアコーヒーノキ種子(スクラブ成分)が古い角質をやさしく洗い流してくれるほか、独特な甘い香りが活動的な気持ちを促し、眠気もすっきり吹き飛ばしてくれそう。

コーヒー石けん(フェイスソープ) 1,800円(税抜)

>>このフェイスソープを購入する

[machi-ya(マチヤ)]
※machi-yaへ出店を希望する方、ご興味のある方もお待ちしております。
あわせて読みたい
・しあわせな午後。気持ちのいい空間づくり
・カジュアルな着こなしに。さりげなく品を添えるパールアクセ
・本のページを素敵に飾る。日々のモチベーションがUPする
top image, bed,cupvia Shutterstock,photo by Thinkstock/Getty Images