写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)の中国現地法人、本田技研工業(中国)投資有限公司は25日、「第14回北京モーターショー」(一般公開は4月29日から5月4日まで)にて、ホンダの中国国内で最上級となる新型SUV「アヴァンシア」(中国名「冠道 Guandao」)を世界初公開したと発表した。

「アヴァンシア」は上質な走りと広々とした室内空間を持つ、中国におけるホンダの新たなフラッグシップSUVモデル。中国で販売するモデルとしては初となる2.0リットルターボエンジンを搭載し、力強い走りを実現した。先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も採用している。同車は2016年中の発売を予定しており、販売は広汽本田汽車販売有限公司にて行う予定。

なお、北京モーターショーのホンダブースでは、新型「シビック」や、中国で初めて現地生産を行うハイブリッドモデルの新型「アコード ハイブリッド」も出展されるとのこと。

(木下健児)