写真は1作前のシリーズ第5弾『バイオハザードV:リトリビューション』

写真拡大

ローラのハリウッドデビュー作としても注目を集める『バイオハザード』シリーズ最新作『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』が、生まれ故郷の日本で12月23日より世界最速で全国公開されることがわかった。

ローラが『バイオハザード』最終作でハリウッド進出!女戦士演じる

同シリーズは、日本発の大人気ゲームシリーズから生まれた作品。ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いが描かれていく。

シリーズ第6弾となる本作は最後の作品となる予定で、ローラが演じる役は、アメリカのラクーンシティで発生した、人々をアンデッド化するT-ウィルス流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッドたちの大群相手に、ジョヴォヴィッチ演じる主人公のアリスとともに最後の戦いに挑んでいく女戦士コバルト役。

物語の行く末に大きく関わる重要人物で、ローラは南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで行われた撮影に参加。また、本作には、『バイオハザードIII』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じて人気を博したアリ・ラーターもカムバックしている。ローラがそんなハリウッドスター相手にどんな演技を披露しているのかにも期待が高まる。

【関連記事】
『バイオハザードV:リトリビューション』が洋画No1ヒット、公開4日間で興収12億超!
[動画]『バイオハザードIV』でミラ・ジョヴォヴィッチらがレッドカーペット
ミラ・ジョヴォヴィッチとアリ・ラーターが登壇!『バイオハザードIV』来日記者会見
[動画]『バイオハザードV:リトリビューション』予告編