24日、13年12月に月面着陸に成功した中国の月面探査機・嫦娥3号と月面ローバー・玉兎号が、「人類史上最も高精細な月面写真」の撮影に成功している。公開された月面写真。

写真拡大

2016年4月24日、成都商報によると、嫦娥3号が撮影した史上最も高精細な月面写真が公開された。

【その他の写真】

2013年12月に月面着陸に成功した中国の月面探査機・嫦娥3号と月面ローバー・玉兎号が、「人類史上最も高精細な月面写真」の撮影に成功している。その写真が先日公開され、世界の科学者たちに提供された。

米国は1969年から72年にかけ、6回の月面有人探査に成功しているとはいえ、40年異常が過ぎた現在ではカメラ技術が大きく向上しているため、より高精細な写真が撮影できる。月面ローバーの車輪跡から土壌の密度や摩擦係数までも分かるという。科学者たちにとっては待望の貴重資料と言えそうだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)