「離婚危機」乗り越えた人、リセットした人【4つの事例】

写真拡大

離婚に至る理由はカップルによってさまざま。主な要因として挙がりやすいのはすれ違いや価値観の違いでしょう。
高くそびえ立ったその壁を乗り越えるか、それとも離婚を選ぶのか――。

脱セックスレスが「夫婦円満」の鍵!? マンネリ解消に必要な事をアダム先生に聞いた

個々の事情によって考え方は異なりますが、世の夫婦はそんな問題とどう向き合ってきたのでしょうか。4組の事例を見てみましょう。

最初に、危機を乗り越え、結婚を継続する道を選んだ方の話を聞いてみました。

Case1、仕事が多忙になり、話す時間がとれなくなった

「自営業の彼よりも、会社員の私のほうが多忙になり、平日は顔を合わせることがほとんどなくなっていました。結婚して丸3年経った頃でしたし、彼のことを『あたりまえに存在する人』としてしか、見ていなかったと思います。主体的に会話の時間をつくろうともしていませんでした。疲れていてそんな元気がなかったんですよね。でも、あるとき彼から『僕たちは今同じ方向を向いていない気がする』と言われてハッとしました。相手を空気だと思っちゃいけないんです。マンネリ化してきたときこそ話をして、方向性を決めていかないといけない。そう気づけてから、再び同志になれました」(34歳/女性/マーケティング)

仕事がある日は無理だったとしても、休日に膝を突き合わせてじっくり話をしてみる――行動を起こすことが大事です。極端な話、パートナーが事故や事件に巻き込まれ、もう二度と会えなくなる……そんな可能性もあります。まずは「あたりまえ」だと思うのはやめてみる。そこから始めてみては?

Case2、子どものことしか話さなくなっていた

「とくに二人目の子どもが生まれてから、夫とは交流が少なくなりました。彼の帰宅は大抵深夜になってしまうので、話せるとしたら朝の20分程度と休日です。そこで共有するのはほぼ子どもの話。うん、うんと聞いてくれて、土日のどちらか1日は子どもを遊びに連れていってくれますが、私自身には無関心のように思えてつらくなったんです。すれ違っているとはこのことかなぁと感じて、あるとき訴えました。『私のことも少しは気にかけてほしい』と直球で伝えた日から、昔ほどではないものの、コミュニケーションが復活した気がしています」(32歳/女性/主婦)

ある一定の年齢に到達するまで、子持ち夫婦の会話のメインテーマが「子ども」になるのはあたりまえ。しかし、それだけでは満たされないことも。家族という大きな枠で考え、それを構成するメンバー全員のことを考える必要もあるのです。

次は、離婚する道を選んだ方のエピソードをご紹介します。

Case3、子どもを持つことへの価値観が違った

「結婚前はふたりとも『子どもはいなくていいよね』という考えでしたが、あるとき妻が子どもをほしがるようになりました。対して僕は『このままふたりでいいじゃん』という思想で。
彼女から話を何度も持ちかけられたのですが、ごめん、僕はこのままでいたい、と訴えていました。でも、あるとき気づいたんです。自分の変わらない価値観を押しつけて、彼女に年を重ねさせていいのか、と。
女性が妊娠・出産するにはリミットもあります。どうしても僕が子どもを望まないという理由で、妻に離婚を申し出て成立しました。何年も前の話です。元妻はあれから再婚し、一児の母になっています」(40歳/男性/通信)

子どもを持つか、持たないか――これは個人の思想によるところが大きいです。また、最初はふたりの見解が一致していても、妊娠・出産を経験する友人・知人を見ているうちに、考えが変わることもあります。考えが違う場合、どちらかに無理やり合わせるのは難しい。だからこそ、関係をリセットする、という選択も一案だといえます。

Case4、嫌がられても捨てられない習慣があった

「旅先で初めてケンカしたときに、元夫が『今まであなたの◯◯も△△も、とにかくいろんなことを僕は我慢してきた』と静かに爆発したんです。それが『どうしてあのとき言わなかったの?』と感じずにはいられない内容ばかりで。
彼いわく、私に言うと私を傷つけてしまいそうだったから、とのことですが……。溜め込んだあげく、後になって一人で爆発する姿勢も共感できなかったし、彼が言う“我慢してきたこと”の中に、私がどうしても直せない習慣(友人と飲み歩くこと)があったので、やむなく別れる道を選びました」(30歳/女性/IT)

パートナーをとるか、自分の中で重要視している習慣をとるか、天秤にかけたときに彼女にとっては後者の方が重かった模様。それでも相当難しい選択だったことでしょう。

10年後、20年後もふたりで一本の道を歩んでいけるか――悩んだときはそれを想像してみてください。そして、最終的には「自分はどうしたいか」「どうすると幸せなのか」を考えること。自分の人生は自分が取捨選択するものでつくられています。後悔のない選択を積み重ねていきたいものですね。