写真提供:マイナビニュース

写真拡大

pLucky(プラッキー)は4月22日、2015年11月にリリースしたプッシュ通知配信サービス「LogPush」の有償プランとして、「LogPushプレミアム」をリリースした。

「LogPushプレミアム」は「LogPush」の有償プランで、LogPushよりも小さい運用コストできめ細やかなプッシュ通知を配信できる。これまでの「LogPush」と同様に、SDKを組み込むだけで導入でき、セグメント配信、ABテスト、自動定期配信といった「LogPush」の機能に加え、API連携による特定セグメントへの自動配信機能、起動URLといった新しい機能が追加されている。

これまでの「LogPush」でもAPI連携による自動配信はできたが、「LogPushプレミアム」では特定セグメントへの自動配信もできるようになった。API連携による特定セグメントへの自動配信機能は、「新着記事が投稿されたら、特定のエンドユーザーに対して自動配信」「人気コンテンツを集計し、お気に入りカテゴリ登録中の端末に自動配信」「気象条件を元に、各地域のユーザーに自動配信」のような利用が想定される。

起動URLは、エンドユーザーが通知をタップしたときに対応するアプリで指定したURLを開かせる機能で、「キャンペーン用のウェブページのURLを設定して、エンドユーザーがプッシュ通知をタップしたときにウェブブラウザでそのウェブページを表示」「ディープリンク機能を有するアプリで、プッシュ通知から直接アプリ内の特定のページを表示」のような利用が想定される。

また、顧客からの問い合わせに対して、9営業時間以内の初回応答を保証。さらにオプションサービスとして、プッシュ通知に関するコンサルティング/運用代行サービスおよび個別のエンドユーザーへの配信機能も提供する。

LogPushプレミアムの料金は次の通りで、アプリの規模(MAU)に応じた従量課金制となっている。

(Aries)