そろそろ新生活に慣れるころ、新しくできたお友だちや職場の仲間と「カラオケ、行こうぜ!」なんて機会も多いシーズンです。カラオケって楽しいけれど、上手に歌おうと思ったらなかなか難しいもの。

どうやったらカラオケって上手く歌えるようになるの? 何か、コツってあるのかしら?

気になったので、歌の上手な人に聞いてみることにしました!

【間々田優ちゃんが再び登場です!】

今回、「カラオケ上達法」を教えてくれたのは、突き刺し系シンガーソングライターこと間々田優ちゃん。ただいま、弾き語りワンマンツアー「月の極み」の真っ最中で、たぶんめちゃめちゃ忙しいのに、快く取材に応じてくれました! 優しい!

【プロに「カラオケ上達法」を聞いてみた!】

カラオケが大好きだという優ちゃんによると、「カラオケ上達法」は次のとおりです。

その1:とりあえず好きな曲を歌ってみるべし!
「まず、その歌を好きになって、とにかくいっぱい歌うこと! 自分ではなく他人が作った歌なので、モノにするためにはそれなりに時間がかかります。

私の場合だと、歌いこなせるようになるまで、半年から長いと1年ぐらいかかるかな?」(間々田優ちゃん談)

その2:エコーや音量を曲に応じて調整すべし!
「カラオケの基本って、気持ちよく歌うことだと思うんです。だから、ステージで歌っているつもりで、1曲ずつエコーや音量を調整しましょう! 

昭和歌謡だったら、曲の音量を小さく、マイクとエコーの音量を大きくすると雰囲気が出ます。この曲を歌うと気持ちいいな、楽しいなという感覚を積み重ねていくと、そのうち十八番になりますよ!」(間々田優ちゃん談)

その3:音程よりもリズムをしっかり覚えるべし!
「カラオケが上手な人には共通点があって、それは曲の『リズム』をしっかりつかんでいることなんです。

音程も大事だけれど、それよりも『リズム』を覚える方が上手く聞こえるんです。好きな歌手の歌い方を意識しつつ、『リズム』に気を配って歌うといいかも!」(間々田優ちゃん談)

【本人に本人の歌を歌ってもらった!】

なるほど〜、音程よりもリズムを覚えるのが大切なんですね〜!

ところで、本人がカラオケで本人の歌を歌ったらどうなるのでしょうか? これまたとっても気になったので、優ちゃんに優ちゃんの代表曲である「アイドル」を歌ってもらったら……マジで上手い、当たり前だけど! 当たり前だけど、マジで上手い! その様子は参照元リンクからチェックしてみて。

調子に乗って、記者(夢野うさぎ)も優ちゃんの目の前で優ちゃんの「アイドル」を歌ってみたところ、「すごく練習してくれているのが伝わります! 上手です!」とほめてくれました。優しい! 

5月27日、東京・新宿にて優ちゃんのライブがあるので、興味がある人は行ってみてね!

【間々田優ちゃんのライブスケジュール♪】

優ちゃんのライブツアーがいよいよファイナルを迎えるよ!
■間々田優 連続弾き語りワンマンライブ「月の極み」
〜ツアーファイナル〜『孤独集う夜明け』
日時:5月27日(金)開場 19:00 / 開演 19:30
場所:新宿御苑 Rosso
出演:間々田優、中村ピアノ、エリナ(OA)
ゲスト:友川カズキ
料金:前売 3500円 / 当日 4000円(※1ドリンク代500円が別途必要です)
チケット販売:イープラス、チケットぴあ(Pコード:281-869)、間々田優予約フォーム(キャンセル不可)
間々田優ライブツアー問合せ窓口:090-8649-8861

参照元:YouTube / 「プロの歌手にカラオケをうまく歌う方法を聞いてみた」
取材協力:間々田優(Twitter、Facebook)
取材・撮影・執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

この記事の動画を見る