写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IPA(情報処理推進機構)は、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育の状況、IT人材個人の意識などについて最新の動向や実態を把握することを目的とした調査を実施し、「IT人材白書2016 多様な文化へ踏み出す覚悟」として取りまとめ、4月27日に発行する。

IPAでは毎年、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育の状況、IT人材個人の意識など、最新のIT人材の動向や実態を把握することを目的に調査を実施し、「IT人材白書」として発行している。

今回の調査では、従来の調査対象であるIT企業やユーザー企業のIT部門に加え、今後進展するIoTに注目し、インターネット上のデータを活用。

新事業や新サービスなどを提供する「ネット企業およびネット部門」や、ITを活用した製品などの研究・開発を行う製造業などの「R&D部門」に対して新たに調査を実施した。

このほかIT人材白書としては初となる、欧州におけるIT人材の動向や人材育成施策を掲載しているほか、国内のIT産業に密接に関与する「企業に属さないフリーランス」についての調査も行った。

さらに、国内IT企業におけるIT人材の「量」に対する過不足感やIoT関連技術を活用した新事業・新サービスの実施状況のほか、IoTに関わる人材に必要な能力・技術力、情報系以外の学科におけるIT教育の動向なども調査した。

価格は税別で1389円で、Amazon.co.jpおよび全国官報販売協同組合販売所にて製本版を取り扱うほか、各書店で取り寄せ、PDF版のダウンロードも可能となっている。

(岩井 健太)