リオ五輪のマラソン日本代表は決定したが、トラック&フィールド種目はシーズンインしたばかり。特に、日本選手権(6月24〜26日)の結果を受けて代表が決まる男子5000mと1万mは、箱根で活躍した人気選手たちがひしめいている。

 そのなかで誰が代表の座を勝ち取るのか。予想するうえで、事前に理解しておきたいのが「参加標準記録」と「派遣設定記録」という2つの「記録」だ。

 陸上競技の五輪代表は、期限内(7月11日)に国際陸連(IAAF)が定めた参加標準記録を突破した選手のなかから、各国で最大3名が選出される。その参加標準記録とは別に、日本陸連が独自に定めているボーダーラインが派遣設定記録。選手たちがより高いレベルを目指すよう、「世界ランク12位相当」を基準に設けられたこの記録をクリアすれば、選考の際にかなり有利になる。

 男子の5000m、1万mの参加標準記録と派遣設定記録は以下の通りだ。

【男子5000m】
参加標準記録 13分25秒00(3名)
派遣設定記録 13分06秒63(0名)

【男子1万m】
参加標準記録 28分00秒00(11名)
派遣設定記録 27分31秒43(2名)

 ※()は4月22日時点での突破人数。

 5000mは、昨年7月に13分08秒40の日本記録を樹立した大迫傑(Nike ORPJT)に加え、鎧坂哲哉と村山紘太(ともに旭化成)の3名が参加標準記録を突破している。

 1万mでは、鎧坂と村山紘が昨年11月に日本新記録となる27分29秒台で競り合い、派遣設定記録を上回った。参加標準録を突破した選手は鎧坂と村山紘のほかに、大迫、村山謙太(旭化成)、設楽悠太(Honda)、大六野秀畝(旭化成)、宇賀地強(コニカミノルタ)、山本浩之(コニカミノルタ)、佐藤悠基(日清食品グループ)、小野裕幸(日清食品グループ)、横手健(明大→富士通)と箱根で名を馳せた選手たちが顔を揃えている。

 日本選手権のレースが成立した時点で、「即内定」するのが次の2パターンだ。

1 派遣設定記録突破+日本選手権8位以内(最上位1名)
2 参加標準記録突破+日本選手権優勝

 現時点で5000mの派遣設定記録には誰も到達していないため、参加標準記録を突破している大迫、村山紘、鎧坂のうち誰かが優勝すれば「即内定」となる。

 1万mは、派遣設定記録突破者である鎧坂と村山紘が8位以内に入った場合、順位が上だったほうが「即内定」。その2人以外の参加標準記録を突破している選手が優勝すれば、その選手も内定を勝ち取ることができる。

 残りの代表は、日本選手権終了後の会議で以下の1から4の順に審査され、6月27日の理事会で正式に決定する。

1 派遣設定記録突破+日本選手権8位以内
2 参加標準記録突破+日本選手権3位以内
3 参加標準記録突破+日本GPの日本人1位(※日本選手権8位以内が条件)
4 参加標準記録突破+強化委員会推薦競技者(※日本選手権出場は問わない)

 5000mは、参加標準記録を突破している大迫、鎧坂、村山紘は日本選手権で3位以内に入ると代表を掴むことになる。たとえ日本選手権で3位以内に入ることができなくても、新たに参加標準記録を突破する選手が現れない限り、この3名が3または4の基準で選ばれる可能性が高い。

 1万mは少々複雑だ。派遣設定記録を突破している村山紘と鎧坂は日本選手権で8位以内に入ればいいため、ハードルは低い。しかし、ほかの参加標準記録突破者9人が3位以内を目指して奮起すれば、村山紘と鎧坂のどちらか、もしくは両方が日本選手権で8位に入れないことも十分にありえる。

 日本選手権は勝負優先のレースなうえに気温も高く、参加標準記録を突破するのは難しい。そのため、参加標準記録にあと一歩届かないでいる選手たちが、日本GPの兵庫リレーカーニバル1万m(4月24日)と織田記念5000m(4月29日)、ゴールデンゲームズinのべおか(5月7日)に大量にエントリーしている。いきなり派遣設定記録を上回ることは厳しいが、参加標準記録突破を突破する選手は増えるだろう。

 そんな「新たなライバル」を迎え撃つ、有力選手たちの状況はさまざま。大迫は体調不良で3月の世界室内選手権をキャンセルしたが、その後は順調に練習ができているという。5月に米国の1万mレースで日本記録の更新と派遣設定記録突破を狙い、日本選手権に臨む構えだ。

 故障から回復した鎧坂は、兵庫リレーカーニバルで1500m、織田記念で5000m、ゴールデングランプリ川崎(5月8日)で3000mに出場予定。村山兄弟はともに仕上がりが遅れている。弟の村山紘はゴールデングランプリ川崎の3000mにエントリーしているものの、日本選手権に照準を絞ることも考えているという。兄の村山謙も東京マラソンを走った疲れが残っており、日本選手権のみの一発勝負に出るようだ。

 村山兄弟以外の旭化成勢では大六野秀畝が好調で、代表争いに絡んでくるだろう。佐藤悠基(日清食品グループ)は4月24日のロンドンマラソンに出場するが、日本選手権の参戦にも意欲を見せている。2011年から日本選手権1万mを4連覇した勝負強さを発揮するかもしれない。

 マラソンの代表選考よろしく、5000mと1万mの代表決定までの道のりもなかなかにややこしい。しかし、選考基準を理解することで、「一発勝負」では見られない各選手の戦略の違いを楽しむことができるはずだ。

酒井政人●取材・文 text by Sakai Masato