国産のステルス実証機X2が22日、愛知県の名古屋空港から航空自衛隊岐阜基地までの初飛行に成功した。中国メディアの新浪はこのほど、X2が度重なる延期のすえにようやく初飛行を行ったと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 国産のステルス実証機X2が22日、愛知県の名古屋空港から航空自衛隊岐阜基地までの初飛行に成功した。中国メディアの新浪はこのほど、X2が度重なる延期のすえにようやく初飛行を行ったと伝えた。

 X2は防衛省技術研究本部(現・防衛装備庁)と三菱重工が開発を進めてきた国産のステルス実証機だ。記事は、第2次世界対戦の敗戦国である日本はこれまで戦闘機の開発が制限されたきたと伝えつつ、X2が初飛行に成功したことは「日本がステルス戦闘機を生産できる国の仲間入りを果たしたことを示す」と伝えた。

 続けて、X2は実証機であるとしながらも、F-3戦闘機の開発に向けて「X2に要求された水準は決して低いものではない」と指摘、日本は侵略戦争の歴史を反省するどころか、むしろ先進兵器の開発に精力を傾けていると主張したうえで、これこそ日本が戦闘機開発における動機を「国際社会が疑問視している所以だ」と論じた。

 また記事は、「X2は中国にとってどれだけの脅威だろうか」と疑問を投げかける一方で、米メディアがX2について「余計なおもちゃ」であると報じたと紹介。さらに、日本に対してX2の開発を放棄し、米国からより多くのF-35を購入するよう求めたと紹介したうえで、米メディアがこれほどこき下ろした「X2は中国にとって脅威ではない」と論じた。

 X2は実証機であり、中国にとって何ら脅威ではないの事実だ。だが、中国ではこれまで長期にわたってX2の開発について事細かく報じられてきたところから、中国がX2の開発、さらにはその先にある戦闘機開発について警戒し、脅威と感じているのは間違いないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)