トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、「第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月29日(日)、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催します。

1

愛・地球博記念公園をメイン会場に、クラシックカーによる公道パレードのほか、多彩なプログラムを予定しています。

今回、Classic Car Studio(CCS)の新コンテンツ「エンジンサウンドパフォーマンス」も新たなプログラムに加えられました。

あわせて、「1920〜30年代 飛躍的に発展した欧米車と緒についた日本車」と題した企画展示も実施されます。

この企画展示では、1920〜30年代を象徴するパッカード ツインシックス(1920・米)、ホルヒ 853(1937・独)、トヨダAA型乗用車レプリカ(1936・日)等、トヨタ博物館収蔵のクラシックカー5台を展示し、Classic Car Circuit(CCC)では走行披露もする、ということです。

開催概要は、以下のとおり。

【日時】
5月29日(日) 8:45〜16:00(入場無料)、雨天決行
(天候等諸事情によりプログラムが変更となる場合があります)

【会場】
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

【参加車両】
一般参加車両 約150台、収蔵車両 11台など

【内容】
1. クラシックカーパレード
2. 車両展示・走行披露、記念撮影、同乗試乗会
3. 各種イベント

(山内 博・画像:トヨタ)

トヨタ博物館が「第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を開催(http://clicccar.com/2016/04/25/368191/)