22日、アップル社の映像配信サービス「iTunesムービー」、電子書籍配信「iBooks」が21日から中国で使用できなくなった。写真は中国のアップルストア。

写真拡大

2016年4月22日、RFI中国語版サイトによると、アップルのiTunesムービー、iBooksが中国で使用禁止となった。

ロイター通信によると、アップル社の映像配信サービス「iTunesムービー」、電子書籍配信「iBooks」が21日から中国で使用できなくなった。アップル社広報は事実を認め、サービスを再開できるよう希望しているとコメントした。ニューヨーク・タイムズは「中国国家新聞出版広電総局の要請によりサービスは停止された」との匿名消息筋のコメントを伝えている。

中国政府は今年3月に電子出版・配信に関する規定を発表、外資系企業による参入を禁止している。昨秋公開されたアップル社のニュース配信アプリ「News」は中国版は未発表だが、米国版ですら中国からはダウンロードできない状況にある。(翻訳・編集/増田聡太郎)