シリコンバレーを拠点に電気自動車の開発・生産・販売を手掛けるテスラ・モーターズと、オーストラリアを拠点とするカンタス航空が、ある「勝負」を行ないました。

勝負のお題は“加速”。

テスラからはわずか3秒で100km/hに達する俊足の4ドアセダン「モデルS P90D」が、一方のカンタスからは巡航速度850km/hを誇る「B737-800」がエントリー。3kmの滑走路を舞台に勝負が行なわれました。

この加速勝負は、交通事業の発展と持続可能性推進の点で提携することと、技術革新を継続する姿をカスタマーへアピールすることを目的に行なわれたとのこと。

動画を見るにはこちら

勝負は出足こそモーターの瞬発力を活かした加速で「モデルS P90D」がリードするものの、250km/hに達した時点で「B737-800」が追いつき、離陸と同時に追い越しました。

(今 総一郎)

テスラ・モデルSと航空機が加速競争!速いのはどっち!?【動画】(http://clicccar.com/2016/04/25/365914/)