21日、中国安徽省の学校で男子学生数人が男性教師を激しく暴行する動画が物議を醸している。

写真拡大

2016年4月21日、中国安徽省の学校で男子学生数人が男性教師を激しく暴行する動画が物議を醸している。

現地警察によると、15日の夜、同省亳州市蒙城県の中学校の自習の時間に事件が起きた。書類の提出を拒む学生と教師が口論となり、教師が学生の胸ぐらつかんだことをきっかけに学生らは教師を教室の隅に追い込み殴る蹴るの暴行を加えた。

しばらくして学生らが教師から離れると、今度は教師の怒りが爆発し学生1人をビンタ。すると再び火がついてしまった学生らはさらにエスカレートし、うちの1人が椅子で激しく殴りかかった。教師と学生らは同様の殴り合いを何度か繰り返し、ようやく収束した。学生と教師が通報しなかったことから警察も状況を把握していなかったが、動画の拡散により騒動が発覚。学校の校長は騒動があったことを認めており、現在警察と教育部門が調査を進めている。(翻訳・編集/内山)