これは簡単! スマホを使って水耕栽培する最新システム

写真拡大

小さな種から芽が出て、ぐんぐん育つ野菜。間近でその成長を感じることができ、収穫して、おいしく食べる。

最近、そんな家庭菜園の中でも、家の中でできる水耕栽培に、特に注目が集まっているようですね。

自分が作った野菜だから、安心なのはもちろん、楽しく育てて、感謝の気持ちでいただくことができそうです。

160414ECfoop1

水耕栽培を、初心者でも手軽に実践できるスマート菜園は、スマートフォンを使って温度や水量を自動管理するシステム。国内外でプロトタイプが発表されたり、実証実験もされています。

「foop」は、スマートフォンで水耕栽培を楽しむインテリアです。

160414ECfoop4

レタスやルッコラ、パセリ、バジルなど25儖焚爾陵佞發量邵擇魄蕕討襪海箸できます。

水耕栽培のいいところは、こんなところ。

・適度な栄養補給で成長が早い
・クリーンな環境で育つため、水洗いせずにそのまま食べられる
・天候に左右されず、一定の環境で育てられる
・水と液体肥料のみで育つので、手間いらず
・料理に必要な分だけ収穫して使えるので経済的
・foop本体のトレーは水洗いでき、いつでも清潔


app-devise

育てる野菜を選択すると、間引きなど手入れのタイミングや、収穫の時期が一目でわかるようになっています。スマートフォンから専用アプリケーションを通じて知らせてくれます。

「foop」本体には、栽培環境の変化を把握するスマートセンサーがついていて、栽培日数、水量、温度などをスマートフォンでモニタリングできたり、環境をコントロールすることもできます。

160414ECfoop2

日々の手入れから食べごろまで、野菜の様子は20種類以上のアイコンで知らせてくれるので、子どもやお年寄りでも簡単に状態を知ることができます。

160414ECfoop3

ボタンがなく、飛騨木を使用したスタイリッシュなデザインなので、どんな部屋にもフィットしそうです。

本日4月25日12:00(正午)より、foopの公式サイトで、初回100台限定受注生産の予約が開始される予定です。価格は、キャンペーン割引価格38,800円(税別)です。

野菜は自宅で作って、スマホで管理。手軽で簡単に野菜を育てる時代が、やってきているのかもしれませんね。

[foop]

画像提供:アドトロンテクノロジー株式会社