フードコンテナは素焼きがサイコーな理由は?

写真拡大 (全7枚)

こう見えてキャニスターに凝っているワタクシ。ド定番「ジップロック」から始まり、「WECK」や「DULTON」「セラーメイト」「LOLO」などを試し……でもやっぱり「野田琺瑯」で決まりかな、と思っていた矢先。

ECサイトmachi-ya(マチヤ)で、とんでもないものを発見してしまいました。



「原口陶磁苑 FOOD-CONTAINER」が、それなんです!



塩やトウガラシなどの調味料やニンニク・玉ねぎ等の乾燥した状態を必要とする食品に適した中が素焼きの「ドライタイプ」と……



砂糖や梅干し・オリーブなど湿度を必要とする食品に適した中に釉薬が塗ってある「ウェットタイプ」があります。



陶土のもつ調湿性を生かしたフードコンテナってわけなんです。

機能性はもちろん、見た目もシンプルで素敵! キッチンやテーブルの上にいくつも並べておきたくなります。



有田で作られたという印がサラッと印字されているのもニクい。



調味料はもちろん、梅干しやラッキョウ……いくつ買おうか迷っております。母の日や、料理好きの友人へのちょっとしたプレゼントにも、気の利いた逸品だと思いません? ギフトラッピングもあるそうです。

「原口陶磁苑 FOOD-CONTAINER」は、1,500円(税抜/Sサイズ)、2,500円(税抜/Mサイズ)、3.500円(税抜/Lサイズ)で絶賛発売中です。またmachi-ya(マチヤ)に出店をご希望の方は、登録をお願いします。

machi-ya(マチヤ)の商品紹介も合わせてご覧ください。


原口陶磁苑 FOOD-CONTAINER[machi-ya]