ホンダは、四輪完成車の量産では世界初(ホンダ調べ)となる、完成車組立のメインラインに流動型のセル生産方式を組み込んだ「ARC(アーク)ライン」を開発したと発表しました。

1

この組立ラインは、タイのホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(以下、HATC)のプラチンブリ工場に導入され、2016年3月から稼働しています。

ARCラインとは、Assembly Revolution Cellの略で、特徴をひとことで説明すると、「セル生産方式」をメインラインに組み込んで流れ作業を行う四輪車の組立ラインのことです。

これまで四輪車の生産現場では、よく知られている「ライン生産方式」が採用されていました。「ライン生産方式」では、コンベア上を流動する車体に組立作業者が単一工程で部品を組み付けていく方式です。

一方、今回のARCラインでは、一人の作業者が広い範囲の工程を受け持ち、複数部品の組み付けを行う「セル生産方式」の生産ユニットをメインラインに組み込んで流動させたことが特徴で、ホンダによると世界初の革新的でユニークな組立ラインということです。

ARCラインでの組立作業では、上図のように1台の車体と1台分の部品を積載した「ARCユニット」に4人の組立作業者が乗り込み、車体と一緒に移動しながら組み付け作業を行うスタイルになります。

これにより、従来の「流れてくる車体の仕様に合わせて必要な部品を選び、歩きながら組み付ける」という作業を減らすことができ、工程ロスを削減して、生産効率が大幅に向上する効果が期待できる、ということです。

またARCラインでは、1人の作業者が従来よりも広範囲な工程を担当するので、製造工程に関してより幅広い知識と技能を習得することが可能になります。

将来的には開発現場へ生産現場の意見をフィードバックできるような「熟練作業者」を育成する効果も期待されています。

(山内 博・画像:ホンダ)

世界初!ホンダが新発想の量産完成車組立ライン「ARCライン」をタイ工場に導入(http://clicccar.com/2016/04/25/367879/)