画像

写真拡大 (全2枚)

 ユーザーローカルは、オウンドメディア運営者向けのデータ解析ツール「Owned Media Insight」を発表した。同ツールでは、集客面の分析のみならず、記事ごとの自社ビジネスへの貢献度を分析できる。

 ユーザーローカルは4月22日、オウンドメディア運営者のためのデータ解析ツール「Owned Media Insight」を発表した。

 同ツールでは、自社コンテンツに接触した読者の興味や関心、嗜好属性を自動判定し、記事ごとの自社のビジネスに対する貢献度を分析できる。また、自社記事だけでなく、他社媒体がSNSでどう拡散しているか、どんなコンテンツが人気があるかも調査できる。

 これまで、コンテンツマーケティング実施する際、PVにつながらないといった集客面の課題、コンテンツが求める顧客にリーチできるかわからないという顧客育成の課題、そしてビジネス貢献度の課題を抱える企業が多かった。今回その3つの課題を解決するため、同ツールの発表に至った。

MarkeZine編集部[著]