22日、2022年冬季オリンピックは、中国の北京市と同市から北西に約180キロ離れた河北省の張家口市で行われる。張家口市のメーン競技場などが集まる「オリンピックセンター」の設計案が、インターネットによる投票で決定した。写真は張家口市。

写真拡大

2016年4月22日、2022年冬季オリンピックは、中国の北京市と同市から北西に約180キロ離れた河北省の張家口市で行われる。張家口市のメーン競技場などが集まる「オリンピックセンター」の設計案が、インターネットによる投票で決定した。新浪体育が伝えた。

【その他の写真】

事前に公表された5候補のうち、「活力氷雪、激情四射」をテーマとした北京市建筑設計研究院有限公司の設計案がネット投票で8万票余りを獲得した。

オリンピックセンターの敷地面積は約50ヘクタール、建築面積は27万平方メートル。5万人収容の競技場、1万人収容の体育館、6000人収容のスピードスケート場などが建設される。(翻訳・編集/柳川)