23日、中国共産党中央はこのほど、地方の幹部や国営メディアなどに対し、習近平総書記の愛称「習大大(習おじさん)」の使用を禁止する通達を出した。写真は習氏。

写真拡大

2016年4月23日、中国共産党中央はこのほど、地方の幹部や国営メディアなどに対し、習近平(シー・ジンピン)総書記の愛称「習大大(習おじさん)」の使用を禁止する通達を出した。仏RFI(中国語電子版)が香港・明報の報道を引用して伝えた。

記事によると、中国共産党で情報や治安などの部門を主管する中央政法委員会は20日までに、傘下のメディアに対して通知したという。中国国営の新華社通信でも22日の会議でこの指示が伝えられた。

「習大大」という呼称は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウント「学習粉絲団(習氏に学ぶファン)」が最初に使用したとされる。続いて、習氏夫人を指す「彭麻麻(彭麗媛ママ)」も生まれた。中国共産党機関紙の人民日報でも使われたほか、新華社の記事にはたびたび登場していた。(翻訳・編集/柳川)