ゴールレスのビジャレアルが連敗を2でストップし、CL出場権獲得に近づく《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽ビジャレアルは24日、リーガエスパニョーラ第35節でソシエダを本拠地エル・マドリガルに迎え、0-0で引き分けた。

▽前節レアル・マドリーに敗れてリーガ2連敗となった4位ビジャレアル(勝ち点60)が、同じく2連敗中の10位ソシエダ(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。

▽いつも通りのフラットな[4-4-2]の布陣で臨んだビジャレアルは、2トップにバカンブとソルダード、右サイドにデニス・スアレス、左サイドにカスティジェホを配した。

▽そのビジャレアルはソシエダ相手に一進一退の攻防を強いられる。なかなかシュートに持ち込めない中、15分にピンチを迎える。右CKからファーのエルストンドに許したヘディングシュートがわずかに枠の左へ外れた。

▽助かったビジャレアルは23分、左サイドを突破したバカンブの浮き球パスをボックス右のソルダードがボレーで合わせる決定機を演出。しかし、GKルジのセーブに阻まれた。さらに25分にはペナルティアーク右で得たFKをブルーノが直接狙うと、ボールはバーを直撃した。勢いに乗るビジャレアルは続く31分、バカンブがカスティジェホのパスに反応して抜け出しかけたが、シュートはDFにブロックされる。

▽ハーフタイムにかけて再び一進一退の攻防を強いられた中、GKアセンホの果敢な飛び出しでピンチを凌ぐ場面もあったビジャレアルは、ゴールレスで後半へ折り返した。

▽後半も主導権争いが続いた中、ビジャレアルは58分にピナに代えてジョナタン・ドス・サントスを投入。しかし、61分には自陣でのバイリーのミスパスからショートカウンターを受け、ボックス左への侵入を許したベラにチップキックシュートで狙われてしまう。しかし、この場面もGKアセンホがセーブした。

▽流れを引き寄せきれないビジャレアルは、68分にソルダードを諦めてアドリアンを投入。終盤にかけて攻勢に転じ、85分にはボックス右へスピードを生かして侵入したバカンブが強烈なシュートを浴びせるもGKルジの正面を突く。結局、試合はゴールレスで終了。ビジャレアルが連敗を2で止め、CL出場権獲得に近づく1ポイントを積み上げた。