U-23代表にまたもけが人発生 奈良竜樹、10針を縫う傷「骨まで見えていた」SOCCER KING

U-23代表にまたもけが人発生 奈良竜樹、10針を縫う傷「骨まで見えていた」

ざっくり言うと

  • リオデジャネイロ五輪に出場するU-23代表にまたもけが人が発生した
  • 奈良竜樹は「骨まで見えていた」という深い傷を負い、10針縫う処置を受けた
  • U-23代表は数人が故障しており手倉森誠監督は「早い回復を願う」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング