工夫すべきは姿勢とポーズ!「写真サギ」と言われない加工いらずの上手な写り方

写真拡大

突然ですが、あなたは写真うつりが良い方ですか? SNSやブログなどで、自分(を含めた)の写真を投稿するのが日課になっている人も多いでしょう。

自分を少しでも美しくみせたいのが女心。昨今は、悩みやコンプレックスを隠すための画像編集、加工アプリを使用する人も少なくありません。でも、ちょっとご注意を! これらのアプリを使った写真と本人のギャップに周りがドン引きという惨事が……。

メイクアップとまつげエクステンションを展開する、ケサランパサランが20〜50代の男女1,032名に対し、「自分自身の悩みやコンプレックス」に関する意識調査を行いました。その結果、“画像編集や加工アプリ”に違和感を覚える人が多数いる事が明らかになりました!

今回はこの結果と『WooRis』の過去記事、筆者周辺の様々な職種の男性の声などをもとに、“ドン引きされる写真と、魅力的にみえる写真の写り方”をお伝えします。

 

■不自然さに不信感

調査結果をみると、「加工アプリを活用した写真と本人が、別人レベルのギャップがあった場合、どう感じるか」を聞いたところ、「不自然なので、加工しない方がよいと思う」が、38.7%。続いて「本人と違いすぎて、だまされたと思う」が30.9%でした。

また5人に1人が「素の自分をキレイに見せる方を考えるべき」と回答しています。

中には、「こういう女性って、ありのままでは自信がないくせに、自己顕示欲だけは無駄に強い。面倒な印象がある」という辛口な意見も……。

でも、確かに作られたような、みえみえの綺麗さに不信感や違和感を覚えてしまうのは当然ですよね。では、加工しなくても魅力的に見えるには、どんな写り方をすればよいのでしょうか? オススメの方法をお伝えします。

 

■1:“物”でアレンジ

まずは、“物”をうまく活用しましょう。

(1)明るい色をプラス

撮影の際、目立つ“色”をプラスしてみましょう。例えば、明るい色の口紅を塗る、カラフルなスカーフを首に巻く、カラフルなアクセサリーをつけるなど。ポップな“色”をさりげなくプラスすると、それだけで活動的で魅力的なイメージになりますよ。

(2)小物を活用

昨今は、自撮りをする人も多いですよね。片方の手でスマホを構える人が多いと思いますが、盲点なのが、もう片方の手。お約束の”ピース”ではなくて、こちらに、“何か小物”を持ってみましょう。

小物は、自分の目指すイメージ作りに、意外と活用できるんですよ。例えば、ぬいぐるみや人形等を抱くと、優しい感じ。花を持てば、綺麗な印象、ボールを持てばアクティブなイメージなど、持つものによって、イメージは大きく変わるのです。なりたい自分に近づける為に、身近な物をうまく活用してみましょう。

 

■2:姿勢とポーズ

基本のようで、意外とできていない人が多いのが、“姿勢とポーズ”。

(1)頭を斜め下に傾け笑顔

“少しでも小顔に、若々しく写りたい”と願う女性は多いでしょう。これは、写り方次第で充分叶えられます。少し頭を斜め下にして、にっこり歯を出して微笑んでみましょう。このやり方だと、アゴがシャープに見えるうえ、笑顔になることで、頬が上がって、若々しい印象になりますよ。

(2)ダランとしない

基本中の基本ですが、“姿勢”は重要。ダランと背骨を曲げたままだと、格好悪いだけでなく、顔もダランとなりがちで、良い笑顔になりにくいんです。シャキッとした美しい姿勢だと、きりっと見えるだけでなく、自信に溢れた雰囲気が漂い、表情も自然と魅力的な笑顔になります。

(3)端はNG

ご存知の方も多いと思いますが、大勢で写真を撮る際、カメラに近い位置はNG。遠近法で、顔が大きく見えるのは言うまでもなく、シルエットが歪んで、体も顔も大きく見えてしまいます。

斜め向きに立って、細く見せようとしても、カメラに近いと、間延びして、実物より太く見える場合も。複数で記念写真を撮るときは、一番細く見える中央(近辺)を陣取りましょう。

(4)足をクロス

“全身がうつる写真で、いい感じに目立ちたい”という方は、足をクロスしてみましょう。また、体の向きを少し斜めにするのも有効。ちょっとした事ですが、ただ立っているだけよりも、ぐっとチャーミングに見えるはずです。

 

いかがでしたか?

加工画像が必ずしも悪いわけではありませんが、やはり自然体が一番と感じる人が多いのは事実。加工ではなく、自分なりに出来る努力をして、魅力的に写れたら嬉しいですよね。少し気を付けるだけで、写り方に大きく違いが出るので、是非、色々試してみて下さいね。

(ライター 秦野理恵)

 

【関連記事】

※ 大ヒンシュク!ママ友に「超絶ウザい女認定」されるSNS投稿のNGパターン5つ

※ Facebook見てギャーッ!集合写真で「うっかりおブス写り」を回避する裏テク4つ

※ ママ間違ってない?思い出写真を「ワンパターンにしない」4つのコツ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ え、美肌効果も!? 美容家に聞く自宅での「ムダ毛処理」のコツは〇〇

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 昔はよかった…!? 夫が「今のアナタに幻滅している」NGサイン3つ

※ 0円で便秘スッキリ!捨てる食材でできる「腸内デトックス味噌汁」

 

【参考】

※ 自分自身の悩みやコンプレックスに関する意識調査 - ケサランパサラン

 

【画像】

※ kurhan / Shutterstock