TSUCH160130540I9A6568_TP_V

写真拡大 (全2枚)

平成が始まって、28年になりました。

世間では「平成生まれ=ゆとり」と思われておりますが、そんな「ゆとり世代」も今では立派な大人。社会人としても大活躍中です!

20代,30代,女子,不思議,アラサー,ゆとり世代

★大人になった「ゆとり世代」は、ほかの世代に静かな怒りを覚えています!

大人になったゆとり世代から見て、自分磨きに熱心な30代女子は「頑張りすぎじゃない?」と感じることが多々あるとのこと。

そこで今回は、Woman Insight編集部が20代平成チームに独自に調査した、「30代女子の7不思議」をご紹介します。

【1】ナチュラル気取ってるけど、ボサボサ

「流行りのナチュラル無造作ヘアの人、ボサボサにしか見えない」

「ナチュラルヘアは良いけど、髪の毛かきあげすぎ! 髪を留めろ!」

自分では外国人風のような無造作ヘアに仕上げたつもりでも、他の人から見るとただのボサボサヘアのようです。

また、髪をかきあげる仕草も回数が多いとイラッとさせているようです。ちょっとした仕草でも何回も視界に入ると気になってしまうかも……。

【2】LINEですぐスタンプ買いがち

「『いま流行ってるから』とすぐにスタンプを買う30代の先輩。好きなキャラクターのスタンプだけを買うなら分かるけれど……」

「スタンプにお金を払ってるとおばさんだなって思う。若ければ若いほど無料スタンプ」

調べによると、女子高生より30代女子のほうがLINEスタンプにお金を使う傾向が……。

【3】高いヒール、またはカバンだけ高級で威圧感……

「歩きづらいのに高いヒールを履いてキャリア系を演出してるのは大変そうだなと思う」

「カバンだけ高いのを買って、レベルの高い女性に見せてる人が多いけど、サマになっていない」

女性のブランドバッグには、価格や品質の問題だけでなく、ファッション性、キャリア系、そしてマウンティング力が求められたりしますが、平成生まれのゆとり世代にとってはあまりピンとこない様子。

見た目に「仕事できます系」を醸し出すのは、不思議に見られることもあるようです。

【4】『Sex and the City(セックス・アンド・ザ・シティ)』に憧れすぎ

「海外大好き、SATC大好きな先輩は多いし、女のバイブルとして観るのをオススメしてくる30代女性が多い……」

「SATCに憧れて、自分の信念を貫き、前向きでいれば、たとえ失恋してもいつか素敵なパートナーと結ばれると思いがち。自分大好きな人が多いと思います」

「SATCに登場する名言『I love me more(あなたのことは愛しているけど、自分のことがもっと好きなの)』を酔っぱらった先輩が、大好きな言葉なんだと熱弁してきたことがあります。言われてちょっとイタイなと思っちゃった(笑)」

かなり多かったこちらの意見。自分の世代で流行ったドラマや映画の価値観や生き方を、そのまま反映させていたり、熱弁をふるったりすると、不思議……を通り越して、イタイと思われてしまうようです。

30代,20代,女子,アラサー,ゆとり世代

【5】30歳を過ぎてから「アラサー」を名乗り出す

「アラサーって『アラウンドサーティー(around 30)』の略で、30歳前後(周辺)の女性を意味するのに、30歳を過ぎてから『アラサー』を名乗る人多すぎ!」

「30歳以降の女性が年齢をごまかすように、自己紹介で『アラサーです』とか言い出す傾向があると思います」

言われてみれば、26歳〜29歳の人はアラサーとは言わず「20代」と言い張る人多し……。実は、何気ない「アラサーです」という自己紹介で「30歳over なんだな」とこっそり思われている可能性もあるかもしれないですね!

★アラサーVS女子大生!話題の「相席屋」でモテるのはどっち?【実録】

【6】女子会が好き

「ワイン、オープンしてすぐのイタリアンが大好きで、2週に一度〜月1で女子会を開催してる、30代の先輩たち。ネットや口コミで情報収集を欠かさないのはすごいけど、稼いだお金で良いもの食べてますアピールをFacebookでいちいちするから、いつまで経っても女子会し続けることになっているのでは……」

「女友達を大事にしているのは良い事だと思うけど、ことあるごとに女子会(しかも場所は居酒屋)を繰り返し、彼氏なし、結婚なんてほど遠い……なんて状態になっている女性は多い」

「アラサー女子の現実がそこにある!」と大ヒットした東村アキコさんのマンガ『東京タラレバ娘』(1〜3巻以下続刊/講談社)でも描かれているように、女子会好きな30代は多いし、女子会のループから抜け出せない人も多いかもしれません。

★元カレが忘れられない、女子会で満足…東村アキコが導く“恋休女子”のパターン別脱出方法【前編】

【7】仕事も恋愛も頑張りすぎ

「仕事も恋愛も必要以上に頑張っている気がする。お金よりも休みが欲しかったり、私生活を大事にする私たちゆとり世代から見ると、尊敬はするけど、目指したい姿ではない」

「30代の女性が仕事も恋愛も肉食化した結果、草食系男子が生まれたと思ってます! ガツガツした人でも、告白は男性にしてもらいたい……って夢見がちな言葉が飛び出すので驚きます」

総じてバリバリ働く&稼いだ金で遊ぶ姿に、「どうしてそんなに頑張れるの?」と不思議に思う部分が多くあるようでした。

20代のゆとり世代にキビシイ指摘をされましたが、結構うなずけるものも多かったのではないでしょうか……。

30代女子は不思議……とは言え、ゆとり世代も明日は我が身。30代にはすぐになる、とのことなのでご注意を! (かすみ まりな)