22日、華西都市報は記事「20年間に300人超のブラジル人サッカー選手が中国に、お値打ち価格でハイパフォーマンス」を掲載した。なぜブラジル選手はこれほどの人気なのだろうか。写真は江蘇蘇寧クラブに所属するティシェイラ選手。

写真拡大

2016年4月22日、華西都市報は記事「20年間に300人超のブラジル人サッカー選手が中国に、お値打ち価格でハイパフォーマンス」を掲載した。

2016年シーズンの中国スーパーリーグで最も流行している外国語はポルトガル語だろう。23人のブラジル人選手、2人のブラジル人監督が所属している。今年だけではない。プロリーグの誕生から20年で300人以上のブラジル人選手が中国にやってきた。

なぜブラジル選手はこれほどの人気なのだろうか。ブラジル以外にもサッカー強国はあるが、欧州の選手の強みはチーム戦術に長けていること。中国ではチームメイトのレベルの低さから実力を発揮できないことも多い。ブラジル選手は個人能力が高く中国に適している。さらにブラジル選手は報酬が安いのも特長。お値打ち価格でハイパフォーマンス。これがブラジル人選手が人気の秘密だ。(翻訳・編集/増田聡太郎)