波乱のスタートで始まった中国GP。

セーフティーカーが入ったり、チームごとにタイヤ戦略が様々だったりと、最後までどうなるか分からない見応えのあるレースでしたね。

4月20日(木)発売の“ F1速報中国GP号 ” もレース同様、読みごたえたっぷりな内容となっています。

1

【GET OVER IT!! McLaren Honda】

トップジャーナリストが評する、マクラーレン・ ホンダの現在。

柴田久仁夫氏がホストを務め、ポルトガル出身バスコンセロス氏、スイス出身ブルナー氏、イギリス出身ドジンズ氏と国際豊かな顔ぶれで、かなりディープなトークが繰り広げられています。

様々な意見が飛び交う中で、3人とも声を合わせて「イエス」と答えたのは「組織のトップが代わっただけで、戦闘力が向上するものなのか?」という質問。

「ハセガワさんというF1の現場を知り抜いている技術者がトップに立って、彼らはようやくレースチームになった」(バスコンセロス氏)

「昨年のマクラーレン・ホンダには正直ちょっと失望したよ。というのも彼らは困難に直面した際、一致団結して問題解決に当たる代わりに、相手に責任をなすりつけ合うようなところが垣間見えたからね。しかし、今年は両者の意思の疎通が各段に良くなってきているみたいだね。ブーリエとハセガワさんは、しょっちゅう話し合っている姿が見受けられる」(ブルナー氏)

と語っています。

マシンの性能ももちろん大切ですが、その根本にあるのはチームワーク力。

確かに昨年はブルナー氏の言う通り、相手に責任をなすりつけ合っている印象でした。今年は、チーム一丸となってマクラーレン・ ホンダを復活させてほしいです。

【グランプリ天国】 

私が毎号楽しみにしているグランプリ天国。今回は開幕戦オーストラリアGPでの出来事が題材となっているのですが……インタビュアーのウェバーとセバスチャン・ ベッテル選手とのやりとりが面白すぎる! レッドブル時代のウェバーとベッテル選手を知っている方には、ぜひ読んで頂きたいです。

グランプリ天国のページにはプレゼントコーナーも。オーストラリアGP限定Tシャツとパーカーは必見です。どしどしご応募下さい!

【花よりF1】

今回はなんと、憧れのマクラーレン650Sスパイダーに試乗させて頂けるということで、港区にあるマクラーレン東京に行ってきました。

「擦ったら○十万円だよ」と、副編集長に脅されながら(?)試乗したマクラーレン650S。

試乗はもちろんですが、マクラーレン東京の方のお話しもとても興味深かったです。マクラーレンの魅力をたっぷりと書いたので、ぜひチェックして下さいね♪

写真からも分かるように、絶好調のニコ・ ロズベルグ選手。次戦のロシアGPは一体どのようなレース展開になるのか、今から楽しみな方も多いかと思います。

まずは” F1速報中国GP ” を読んで、中国GPを振り返ってみてはいかがでしょうか?

(yuri)

【F1速報×F1女子〜中国GP号〜】緊急座談会開催。トップジャーナリストがマクラーレン・ ホンダを語りつくす!(http://clicccar.com/2016/04/24/367513/)