2013年、全国280以上の医療施設を展開する「徳洲会グループ」による選挙違反事件(※)が発覚し、全身の運動神経が衰える難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患いながらグループを率いた総帥、「トラオ」こと徳田虎雄氏が医療法人・徳洲会理事長を辞任した。

【※選挙違反事件/2012年12月総選挙で鹿児島2区から立候補した徳田虎雄氏の次男・毅氏の選挙にあたって、職員に給料を支払って選挙運動にあたらせるなど、病院組織ぐるみの違法な選挙運動を行なっていたことが明らかになった事件】

「事件当時、虎雄氏の親族たちはグループ内の複数の医療法人・社会福祉法人の要職に就いていたが、事件後は次々と退任する動きが進んだ」(グループ関係者)

 その流れに「待った」をかける文書が、全国の徳洲会系施設にFAXで送信されたのは、3月15日のことだった。文書は13枚。送り主は虎雄氏の実弟で医療法人・徳洲会大阪本部顧問だった徳田孝徳氏だ。FAXにはこんな文言がある。

〈徳洲会グループの幹部連中は、創業者・徳田虎雄に対して、そんなにまで冷酷な仕打ちをする人たちなのか?〉

 この文書の主旨は、徳洲会現理事長・鈴木隆夫氏らによって徳田ファミリーをグループ内の病院の理事から外そうとする動きがあると主張するもので、それを孝徳氏が阻止しようとした行動といえる。

 徳田ファミリー側の主張をまとめると、「現理事長側は『長男・哲氏らがグループ内の法人のカネ5億円を自らの関連口座に移した問題』を口実にファミリー外しを進めようとしているが、そんな事実はない」というもの。要は「ファミリーは無実の罪を着せられている」との主張だ。

 FAXの内容について、哲氏に質問状を送ると、同氏の妻である徳田恵子氏が本誌編集部に現われ、約80分にわたって主張を説明した。

「徳田家は選挙違反事件で逮捕者を多数出しましたが、(夫の)哲は臨床の現場が大好きで、選挙にはかかわっていない。それでも事件後にグループの役員からは退き、現場の法人の理事として働いている。それも辞めろというのは納得がいかない。ましてや5億円を振り込ませたなどの虚偽の話で印象操作するのはおかしい」

 一方、現理事長サイドの主張は真っ向から対立する。徳洲会のコメント。

「孝徳氏の報告書(FAX)は真実ではないことをあたかも真実のように記載している。会の幹部職員が孝徳氏と面談したのは事実だが、こちらから『(哲氏と恵子氏が)5億円を移した』といった話をしたことは一切ない」

 徳洲会グループの現場幹部たちからはファミリー側の問題は他にもあるとの声もあがった。グループ内のある法人の幹部の証言。

「哲氏たちが『5億円を着服しようとした』という話はグループ内の噂話に過ぎず、もともと現場では問題にもなっていなかった。哲氏らの抱える本当の問題は、グループ内のある法人で、理事会で保留となっていた特養新設の申請を無断で進めたことです。その際に法人の理事長印を勝手に持ち出しており、これは法人の定款に明確に違反する」

 恵子氏は特養新設の件については手続きに瑕疵があったことを認めつつ、「すべての法人での役職を外される理由にはならない」と主張した。

 FAXを一斉送信した徳田孝徳氏は取材に、「哲氏を擁護するつもりで文書を送ったわけではない。5億円の件は噂として出回っていたので、事実でないと周知すべきと考えただけだ」と回答。それぞれの主張は全くかみ合わない。

 徳田虎雄氏が掲げた「生命だけは平等だ」の旗印のもとにまとまっていたグループの亀裂は修復不能なまでに深まっている。

※週刊ポスト2016年4月29日号