20日、中国が日本の最大観光客源国になっている。

写真拡大

2016年4月20日、中国新聞社によると、中国社会科学院財経戦略研究院と中国社会科学院観光研究センター、社会科学文献出版社は18日、「2015〜2016年中国の観光発展についての分析と予測」(通称「観光緑書」)発表会を北京で行った。

「観光緑書」によると、2015年中国の国内旅行者数は延べ40億人近くで、関連消費は3兆6000億元(約60兆6000億円)に達し、海外旅行者数は延べ1億2000万人に上った。莫大な観光ニーズは中国経済の重要な支えとなりつつあり、中国人の海外旅行は世界各国の注目も集めている。

日本政府観光局の統計によると、2015年の訪日中国人観光客は前年同期比107%増の延べ499万人となり、中国が日本の最大観光客源国となった。韓国文化観光部のデータでは、2015年に韓国を訪れた中国人観光客は延べ611万人であり、韓国の海外観光客の4割を占めている。2015年に米国を訪れた中国観光客は前年同期比16%増、オーストラリアを訪れた中国人観光客は延べ100万人となり、オーストラリア観光当局が定めた10年計画をたった5年で実現した。

注目に値するのは、この報告書が訪中外国人観光客の現状についても詳しく分析している点だ。報告書によると、世界の観光市場は回復傾向にあるにもかかわらず、中国の観光市場は低迷したままだ。2012年以降、インバウンド観光客の数は下降し続け、低下幅はそれぞれ2.5%(2013年)、2.2%(2014年)、0.45%(2015年)となっている。

この現状を打破するため、中国関係当局は近年インバウンド観光の利便化政策の実施を推し進め、外国人への72時間以内のトランジットビザ免除措置を最適化させていくほか、さらに一部の国を対象とした団体ツアーのビザ免除の検討、クルーズ客船の入国手続きの最適化を進めている。2015年、アモイ、武漢、天津、ハルピン、南京、青島、長沙など7都市で外国人の72時間以内のトランジットビザ免除措置の実施を開始し、当措置を実施する都市は計18都市となった。広東省はさらに「144時間ノービザ政策」管理システムの構築を進めている。中国国家観光局データセンターのデータによると、2015年の中国インバウンド観光客数は11カ月間連続で増加している。

「観光緑書」によると、2015年11月までの中国のインバウンド観光客数は同4.4%増の延べ1億2200万人達した。うち、香港の観光客数は4.1%増、マカオの観光客数は12.0%増、台湾の観光客数は4.1%増となり、外国からの観光客数は0.5%低下した。中国を訪れた外国人観光客数は、韓国が1位、日本が2位、米国が3位となった。2015年通年のインバウンド観光客数は前年同期比4%増だった。(提供/人民網日本語版・翻訳/JZ・編集/武藤)