21日、韓国の中高年層の旅行着として登山ルックが定番化する中、一部の旅行会社が出した「ヨーロッパ旅行では登山の服装は避けるように」との注意のメッセージが物議を醸している。写真はソウル。

写真拡大

2016年4月21日、韓国・アジア経済は、韓国の中高年層の旅行着として登山ルックが定番化する中、一部の旅行会社が出した「ヨーロッパ旅行では登山の服装は避けるように」との注意のメッセージが物議を醸していると報じた。

韓国の中高年層の間で、色とりどりのアウトドアウエアはもはや一つのファッション文化。通勤服以外は登山服しか持っていないという人も珍しくなく、韓国のおじさん・おばさんたちは皆、ちょっとした行楽にも、そして海外旅行にも登山ルックで出掛ける。海外で色鮮やかな登山ルックの団体がいれば、ほぼ間違いなく韓国人のパッケージツアー旅行者だ。

しかし一部で、海外の観光地で韓国人のこの服装はTPOをわきまえていないとの指摘が上がっている。特にヨーロッパの団体旅行のガイドが、旅行参加者に「ヨーロッパは登山をする場所ではなく美しい街を旅行する場所だ」などとして、登山服の着用自粛を求めるメッセージを送る例があるという。

これに対しては「着る服まで指図される理由はない」「他人に迷惑は掛けていない」など利用者から反発の声もあり、旅行会社側は「絶対に着るなという意味ではない」とし、「韓国の観光客に対して良くないイメージを持つヨーロッパの人もいる。登山服を着ると観光客であることがすぐに分かってしまいスリに遭う危険も高まる」などと説明している。

この記事に韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられたが、マナーとして旅行会社の指摘に従おうという意見が大勢のようだ。

「良くないことは自制してまず他人への思いやりの気持ちを持とうよ。中国人の悪口ばかり言ってないで」
「確かにヨーロッパ旅行では恥ずかしいこともある」
「いつでもどこでもアウトドアってさすがにおかしいよ。登山服は韓国の普段着になってしまった。買い物でも散歩でも、家にいる時も寝る時も…」

「これは個人的な趣向とは別の問題。郷に入れば郷に従うのがマナー。グローバル時代なんだから基本的なマナーを学んでほしいね」
「どこの旅行会社か知らないけど、ガイドさんも常識のある人だね。ありがとう」
「中国の上海に行った時も、韓国のおばさんとおじさんはすぐに見つけ出せたよ。全員が登山服だった」

「本当に恥ずかしい。登山服の“群れ”を見ると避けるようになった」
「時と場所に合った服装は一つのエチケット。楽な服装をしたいなら、家で着てる半袖に半ズボンで行けば?」
「一時期の登山服人気はすごかった。仁川空港のどこでも、みんなが着ていたよ。葬儀場でも登山服の人を見たことがある」(翻訳・編集/吉金)