「てっちゃん」の愛称で親しまれているリアリティ番組出身の俳優菅谷哲也さん。ドラマ、舞台、映画へと活動の幅を広げ、4月29日公開の話題作『テラフォーマーズ』と連動したdTVオリジナルドラマ『テラフォーマーズ/新たなる希望』に出演します。

映画でも原作でも語られることのなかった「火星に降り立つ15人が選ばれる」までのサバイバルをスケール感たっぷりに描き出す本作。Noshでは、“火星マニア”として異様な存在感を放つ小池昇を演じ切った菅谷さんに、現場での苦労や裏話をインタビューしてまいりました!


Q:完成作を観て、いかがでしたか?

菅谷哲也(以下、菅谷):もちろんアクションシーンも見どころだとは思うんですけど、2599年に火星に行くという壮大なスケールのストーリーの中で、すごく個性の強い乗組員たちの人間模様が見られるので、単純に面白くて見入ってしましましたね。

Q:アクの強いキャラクターをオファーされたときは、どのような気持ちでした?

菅谷:うれしかったですけど驚きもあるし、僕に務まるかなという不安もありました。山口監督や三池さん(映画版監督)の監修のもとでやることや、本当に素晴らしいキャストの方たちの中に入っていけるかなという緊張感は、すごくありました。


Q:具体的にどのような準備をしたんでしょう?

菅谷:現場に入る前から山口監督と打ち合わせを行い、台本読みをしながら、小池昇という人物がどういう生き方をしてきたのか、どういう人間なのかを綿密に話しました。僕は、小池が一番純粋に宇宙や火星に行きたがっていると思っていて、その純粋な気持ちが、純粋ゆえに狂気に変わったりするのかなと考えました。現場に入ってからは、監督に身を委ねていましたね。


Q:個人的には、身体能力の高さが際立つアクションシーンに目を奪われました。

菅谷:アクションシーンも現場に入る前にアクションの先生につけてもらって、教えてもらいました。映画の撮影をしている横で、僕はドラマ版キャストとしてアクションの練習をしていました。

Q:俺も一員だぞ、と?

菅谷:(笑)。そうですね。僕も一員ですよ、という空気感は一応出すようにはしていました(笑)。


Q:火星オタクの面も持ちながらアクションも求められるとは、改めてかなり難しい役だったのでは?

菅谷:これだけ振り切ったキャラクターを演じるのは初めてだったので、小池としてやり切れたかなという気はしています。小池をやることで、新しい自分に出会った気がしました。僕とはかけ離れていますけど……。

Q:かけ離れながらも共感ポイントはありました?

菅谷:普段生活している中で言えば、純粋に好きなものの話をするときとかは熱くなりやすいですし、自分が気づかなくても白熱することはあると思います。好きなものを否定されたときの気持ちや、怒りのスイッチという意味での共通点はありましたね。


Q:今、菅谷さんを白熱させるものは何ですか?

菅谷:やっぱり仕事です。若手なら誰しもあるのかなと思うんですけど、芝居の話とかをしてぶつかるときもありますし。

Q:意外なんですが、かなり熱い話はするほうなんですか?

菅谷:皆でお酒を飲んでいるときは、好きなもの同士の衝突みたいなことってあるよなぁって思うんですけど。……と言いながら、僕覚えていないんですけどね、酔っぱらったりしちゃって(笑)。

前半のインタビューはここまで!  後半では、菅谷さんのプライベートにも迫りました! もちろん、Nosh読者へのメッセージもありますよ♡(取材・文・写真:赤山恭子)

dTVオリジナルドラマ『テラフォーマーズ/新たなる希望』は国内No.1の映像配信サービスdTVで独占配信中。
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004377

【関連記事】

※ 窪田正孝「キンキンなものが好きです」

※ 沖縄映画祭開幕!斎藤工&森川葵ら、豪華出演者をファッションチェック!

※ ダレノガレ明美、つるつる肌に自信「私は高嶺の花だから、みんな手が出せない」

※ 大人気ぺこ&りゅうちぇる、ビジネスカップル説を一蹴

※ 初タッグの及川光博&E-girls・Ami、お互いの印象を語る