クリエイティヴ・アントレプレナーになろう:TechShopが贈るユニークな「ものづくり」ワークショップ開催!「Sound & City」にて

写真拡大

「ハード」だけど「楽しい」。それこそが、ものづくりの醍醐味だ! 4/28・29の複合型音楽イヴェント「Sound & City」でTechshop Tokyoが開催するワークショップでは、その難しさと面白さを体感できる。【イヴェントは終了しました】

「クリエイティヴ・アントレプレナーになろう:TechShopが贈るユニークな「ものづくり」ワークショップ開催!「Sound & City」にて」の写真・リンク付きの記事はこちら

TechShopのファウンダーであるマーク・ハッチは、かつて来日した際の講演で、こんなことを語っていた。

「ハードウェアの『ハード』は、『困難』の意味での『ハード』でもあります。リアルな『ものづくり』は決して簡単なものではありません。ですから『メイカー・ムーヴメント』は、それがバズワードになったからと言って、すぐに結果が出るものではないのです。時間がかかるのです」

ハッチ社長が言う通り、「メイカーズ」や「デジタルファブリケーション」といった言葉は、たしかにすでに消費されてしまった感は否めない。それは、ややもすると、日曜大工の延長としてのD.I.Y.に傾きすぎたり、その一方で、IoTといったコンテクストに乗っただけのビジネス先行型の「机上の」何かに陥りがちだったりもして、ビジネスとして「リアルなモノ」をつくり上げていくことの一筋縄ではいかない困難さを、改めて認識させてくれたりする。

そんななか海外では、例えば音楽デヴァイスひとつとっても、アイデアの鮮やかさとモノとしてのチャームとを共存させた、ユニークなプロダクツが数多く生み出されはじめている。ヘッドフォンからスピーカー、さらにはシンセサイザーまで、ビジネス先行でもなく、単なるDIYにも終わらない素敵なプロダクトを生み出す、そうしたスタートアップ、もしくは起業家たちを、『WIRED』日本版(VOL.21)の特集「音楽の学校」では、「クリエティヴ・アントレプレナー」の呼び名で紹介したが、彼らに共通しているのは、意外にも肩肘の張らない「遊び心」だったりもする。

関連記事楽しくなけりゃ楽器じゃない! 北欧流クリエイティヴ・アントレプレナーシップ

「課題解決」などと意気込むというよりは、「自分が欲しいと思えるものをつくってみたんだよね」という、音楽好きとしての正直さと、気安さとが、プロダクトにいい知れぬ生気を与え、「売上目標」に縛られた開発しか許されない既存の「メーカー」が持ち得ない自由を、製品として体現してしまうのだ。

この春オープンしたTechShop Tokyoは、まさに、そうした「自由」なものづくりを後押しするメーカースペースとして登場した。モチヴェーションは、なんでもいい。ハナからビジネスをつくるためでなくてもいい。自分のため、身近な人のために何かをつくりたい、そんなところから始まる「ものづくり」こそが、ひょんなきっかけから新しいビジネスになった事例は、実際、アメリカのTechShopでは少なくない。

RELATED

「ハードウェア」は確かに「ハード」だ。けれども、そこに遊び心や自由がなくては、面白くない。TechShop Tokyoが「Sound & City」で実施する2つの体験型のワークショップは、まさにその背反そのものを楽しむものだ。

radio buffet

自らの手でラジオをつくるワークショップ「Radio Buffet(ラジオ・ビュッフェ)」。電波を受信して、音を発するラジオは、ものづくりの基礎を学ぶのに最適な題材だ。

アーク・カラヤン広場で開催されるワークショップ「Radio Buffet」は、TechShop Tokyoが「Sound & City」のために開発したオリジナルのラジオ組み立てキット「Radio Buffet」を、ビュッフェを楽しむようにパーツから組み立てるもの。会場となるアークヒルズ内には、会期中、J-WAVEのタイアップのもと複数のミニラジオ局を設置し、自分のつくったラジオで、さまざまな音源を楽しめる仕掛けも用意されている。J-WAVEの開局以来続いているチャート番組「TOKIO HOT 100」の過去に放送された番組も特別にオンエアされる。

もうひとつTechShop Tokyo内で開催されるワークショップは、「Ontenna(オンテナ)」という名のデヴァイスを用いたもの。ヘアピンのように髪の毛に装着し、「まるで、ねこのヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることのできる装置」をコンセプトに、ろう者との協働から開発された、このユーザインタフェースの新しい使い方を、開発者も交えながらともに考えるアイデアソン形式のワークショップだ。

「ものづくり」の難しさと面白さを楽しみながら体験するTechShopならではのプログラム、ぜひこの機会に参加して、新世代の「クリエイティヴ・アントレプレナー」への扉を、気楽に開けてみて欲しい。

Radio Buffet
自分だけの「オリジナル・ラジオ」を作ろう!

日時:4月28日(木):17:00〜、29日(金):11:00〜/13:00〜/15:00〜
場所:アーク・カラヤン広場
料金:2,000円終了しました

Ontenna Workshop
髪の毛で音を感じるUIで、どんな未来をつくる?

日時:4月28日(木):19:00〜
場所:TechShop Tokyo
料金:無料終了しました

INFORMATION

2016/4/28・29開催:「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、2016年4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。イヴェントの内容および当日の盛り上がりをお伝えするレポートについては、こちらより