ツアー2勝目に王手をかけた野村(撮影:GettyImages)

写真拡大

<スインギング・スカートLPGAクラシック 3日目◇23日◇レイクマーセドGC(6,507ヤード ・パー72)>
 カリフォルニアにあるレイクマーセドGCを舞台に開催中の米国女子ツアー「スインギング・スカートLPGAクラシック」3日目。首位から出た野村敏京がこの日も“71”とトータル10アンダーに伸ばし首位をキープ。ツアー2勝目に王手をかけた。
【関連】米ツアー勢も続々追加!女子プロ写真館
 イ・ミンジ(ニュージーランド)と2サムで最終組でスタートした野村は、前半で2つのバーディを奪取しスコアを1つ伸ばす。バックナインでも苦戦するミンジを尻目にスコアを落とさずホールアウト。2位と3打差のポールポジションにつけた。
 7アンダーの2位にはリー・アン・ペース(南アフリカ)とチェ・ナヨン(韓国)。日本勢では横峯さくらがスコアを2つ伸ばしトータル1アンダーの17位タイに浮上。アマチュアの畑岡奈紗がトータル3オーバー39位タイ、宮里美香がトータル4オーバーで44位タイで3日目を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>