24日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本旅行中に観光客が焦ること」と題したスレッドが立ち、多くのネットユーザーが共感を示している。写真は日本のトイレのセンサー。

写真拡大

2016年4月24日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本旅行中に観光客が焦ること」と題したスレッドが立ち、多くのネットユーザーが共感を示している。

スレッド主は、日本の公衆トイレの個室にある「便器洗浄システム」の画像を掲載。センサーに手をかざすと水が流れるというもので、日本人にはすでになじみ深い。しかし、スレッド主によると、このセンサーに気付く外国人観光客は少なく、水を流すレバーやボタンが見つからずに焦る人も少なくないという。確かに、筆者も韓国国内ではほとんど見たことがない。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本でこんなトイレ見たことないけど」
「これは楽だな」
「触れなくていいから衛生面でも良い」

「外で日本人の友達が待ってるのに水流すボタンが全然見つからなくて、そのまま出ちゃった…」
「私なんて最終的に非常ベル押しちゃったよ。で、おまわりさんと面談」

「近々日本に行くから、覚えておこう」
「今日本。トイレの説明が漢字ばかりで分からなくて困ってたところだ。情報ありがとう!」

「便座から立ち上がると自動で水が流れるトイレもあるよね」
「トイレによってシステムが違うから困る」(翻訳・編集/松村)