女性が大好きな「自分磨き」。好きなひとができたときやキレイになりたいとき、目標ができたときや新しい自分と出会いたいとき……きっかけはさまざまですが、自分磨きをしていると自然とモテたりハッピーな話が舞いこんできたりしますよね。
自分磨きといえばファッションやダイエットなど外見的なものが多い中で、今回は内側から美しくなれる自分磨きをご紹介! 見えない部分が磨かれることで、いつの間にかモテ女子になれちゃいますよ。

コレをするだけでモテ女子になれる!

上質なルームウェアに

どんなに外でのファッションを着飾っても、家ではジャージではキレイを目指す気分も台なし。誰からも見えないルームウェアこと上質なものにしてみましょう。
人はそのアイテムに似合った環境を望むため、ルームウェアを上質なものにするだけで、リビングやクローゼットなど人から見えない部分が自然とキレイになっていきます。ジャージ女子にありがちな、部屋の散らかりや掃除嫌いが嘘のように改善されますよ。

自分の肌に投資する

何か目標ができたときにおすすめなのが、スキンケアをワンランク上にシフトすること。
かんちがいしないでほしいのは、高級コスメを使って肌をキレイにする……ということではありません。いいものを肌に与える、肌に投資するぶん、自分自身でも自分の肌をていねいに扱うようになり、不思議なことに自然と磨かれていきます。手入れをする草花がキレイなのと同じように、肌だって気持ちをのせることでキレイになるのです。

部屋に生花を飾る

筆者は必ず生花をリビングや玄関に飾っています。花にはそれぞれ花言葉があるので、気分によって選ぶと良いですよ(癒やされたいときはかすみそう、パワーが欲しいときはガーベラやひまり、優しくなりたいときはカーネーションなど)。
心を浄化してくれるほか、その空間にいるだけでハッピーに。手入れが苦手な方は、一輪挿しがおすすめ。一輪挿しでも存在感があるので、生花パワーはすごいです。美容家の神崎惠さんも自宅に生花を欠かさないというのは有名ですよね。

キッチンアイテムは女子力アップ

男性が求める女子力の一つ、料理。キッチンアイテムをそろえることで、食に関する知識や腕がアップします。自分好みの食器やクロスで食卓を囲むことで、料理のやる気やいつもの料理もおいしく楽しく感じられます。
食は美に欠かせない存在。普段料理をしない人でも、まずは形から入ってみて。

ボディクリームを全身に塗る

お気に入りの香りのボディクリームを、お風呂上がりに鏡を見ながら全身に塗りましょう。全身に塗ることに意味があり、鏡を見ながら塗ることで目の届かないヒップや太もも、背中などもケアでき、たるみや贅肉の気付き・改善につながります。
実は自分の体を目の当たりにすることは、マッサージするよりも意識自体を上げるので断然効果的! 好きな香りに包まれながら気分もアップ、さらに全身うるおい、さらにスリミング効果まで得られちゃいますよ。

まとめ

人から見えない部分を磨くと、自然と外見にあらわれてきます。内側から美しい女性は、外側をどんなに着飾っている女性よりも周りからはずっとキレイにうつります。これらをとり入れ、いつの間にかモテ女子になっちゃいましょう!