もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク! この機会に海外旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。せっかくの海外旅行、観光に買い物、そして食事などなど……、楽しく充実した時間を過ごしたいですよね。

そこで今回は、海外を訪れる機会が多い筆者が実際に使っている、海外旅行をより充実させることができるおすすめの優秀アプリから、厳選した3つをご紹介します。

■1:MAPS.ME

Wi-Fi環境が無い場所でも使えるオフラインマップ。GPSによる現在地の把握、目的地の検索や目的地までの経路を検索することができます。

現在地から飲食店、ホテル、無線LAN(Wi-Fi)や観光スポットなどのカテゴリー検索も可能です。他のカテゴリーとしては、ポストカードを書いたときに必要な郵便局や、海外ではなかなか見つけづらいお手洗い、そのほかにATMや病院などもあります。

また、地図上には“ピン”を立てることができ、メモと一緒に保存することができます。事前にホテルの場所や、行きたい場所にピンを立てて情報をメモしておけば、スムーズに行動することができますね。

『MAPS.ME』内の各地の地図は、オフラインの場所へ行く前にネットワーク環境がある場所で地図をダウンロードしておく必要があります。国名ではなく街名で、事前にダウンロードするのをお忘れなく!

■2:Google翻訳

こちらは有名な『Google翻訳』のアプリ。英語から日本語、日本語から英語への翻訳など、普段使っている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。このアプリが海外で活躍する理由は、キーボード入力で90言語に対応していることや、カメラや音声入力を使った翻訳機能などがついていること。

オフラインで使うことはできないので、実際に翻訳が可能なのはインターネット環境下に限られますが、Wi-Fiのあるホテルやレストラン、ショッピングモールなどで役立ちます。

90言語への対応は英語圏ではもちろん、英語圏外でも重宝しますし、カメラ翻訳機能に関しては普段通り携帯で撮った写真をアルバムから選択して選ぶこともできるので、外出先で気になったものは撮っておいてあとでチェックすることができます。

画面に鮮明に映っている文字であれば全て翻訳してくれますが、必要な部分だけ指でなぞって選択することもできるのでとても便利です。カメラ機能での対応言語は26種類、音声入力機能での対応言語は40種類と、キーボード入力よりは劣りますが、それでも充分頼りがいのあるアプリといえるでしょう。

■3:Currency

お買い物中に「これって日本円でいくらだろう?」と思うこと、ありますよね。そんな時に役に立つのがこのアプリ。使い方はとっても簡単! 旅行先の通貨を選んで、商品の金額をそのまま入力するだけで、日本円を含む選択した通貨に換算してくれます。「今は1ドルだいたい○○円だから……」と、面倒な計算はもういりません!

オフラインでも使用可能な優れものですが、オンラインの場合はその都度リアルタイムのレートを更新することができます。

また、現在利用可能な通貨と国の為替レートはなんと150以上! 観光に行きたいと思う大抵の国はカバーできそうですね。

どのアプリも旅行前にインターネット環境が安定しているところでダウンロードして、使い方を確認しておくことをおすすめします。楽しいバケーションになるよう、気を付けてお出かけくださいね。

【関連記事】

突然のお泊まりでも慌てない!「ポーチに忍ばせるべき」三種の神器