メディアで初めて日本マクドナルドの社長室に潜入

写真拡大

 日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長兼CEO(51)は、会見ではクールなできる女性のイメージだったが、その本当のキャラクターを推し量ったメデイアはあまりない。カナダ出身で、夫と2人で日本に来日した彼女。

 最初の赴任地はカナダ。続いて、ソ連崩壊直後のロシアに渡るように命じられる。混乱のなかにあるロシアに渡るか悩んだカサノバは父に相談し、背中を押される。その後、トルコ赴任など、各国を経験した。結果的に広い視野を得た彼女は、マレーシアの経営責任者であるマネージングディレクターにまでなる。そんな彼女の新たな挑戦が日本マクドナルドの再建だ。カサノバはどんな人柄で、なにを思っているのか。

(インタビュー・構成/山川徹 撮影・ヤナガワゴーッ! 文中敬称略)

 * * *
 今回、メディアでは初めて女性セブンはマクドナルドの社長室を取材することができた。寄せ書きがところ狭しと飾られている。

〈サラさんへ〉

 そう記された色紙には、かわいらしいカサノバの似顔絵を囲むように店舗で働くクルーからのメッセージが寄せられていた。

〈こんなに一生懸命になって働くことのできるマクドナルドに出会えたこと、とても幸せに思っています〉
〈以前、サラさんと一緒に撮って頂いた写真を見て元気をもらっています〉

 そういったプレゼントを目につく場所に飾るのが女性らしい。いや、色紙だけでない。室内にファンシーなグッズが整然と並ぶ。

 おじゃる丸やくまモンの人形、水泳で表彰されたトロフィー、スイマーとして尊敬する北島康介のサイン入りポスター、ドナルド・マクドナルドの実物大の靴、大相撲の懸賞旗…。

 余談だが、マクドナルドの社員はもちろん、店舗スタッフもみな彼女のことを「社長」ではなく、「サラ」「サラさん」と呼ぶ。その理由がはっきりとわかったようだった。

 色紙を手に取ったカサノバは「週に1回は必ず店舗に足を運んでいます」と言う。

「私たちのビジネスを支えてくれているのが、お店で働くスタッフ。だからいつも1人1人に感謝の言葉を直接伝えるようにしています。
彼らが実際にお客さまにハンバーガーとサービスを提供してくれているわけですから」

 3月中旬のとある日、サラは東京・大田区の1号線池上店に足を運んだ。

「仕事はどう?」「働いて何年になりますか?」

 カサノバは手の空いたスタッフに声をかける。4月から就職する学生アルバイトには「卒業したらどんな仕事をするんですか?」と会話を交わして握手する。「Thank you」、あるいは「アリガト」という感謝の言葉も忘れない。

 日本マクドナルドの創業者・藤田田にも会ったことがあるという勤続27年の男性スタッフは言う。

「社長と直接会ったのは藤田さん以来です。その藤田さんとも会話したことはない。テレビで見るサラさんとは違って本当に明るいかただし、何より私たちを大切に思ってくれているのが伝わってきて感激しました」

 カサノバは彼とどんな話をしていたのだろうか。

「彼のストーリーを聞いていたの。彼は『フライドポテトを作るのがいちばん好きだ』と言うので『どうしてなの?』と聞いたら『じゃがいも畑のそばで育ったから』と言うんです。だから『ポテトのエキスパートですね』と。彼は日本のマクドナルドが誇る“ポテト・マン”よ。お店を訪ねるたびにすばらしいスタッフたちに支えられているんだと実感するんですよ」

 パーティールームと呼ばれる、10人ほどが入れる個室で幼稚園児とその母親たちが卒園パーティーを開いていた。

「どんなメニューがあればいいと思いますか?」

 カサノバの質問に母親たちは「子供が野菜を食べてくれるようなメニューを作ってほしい」「温かいスープがあれば」と口々に答える。カサノバは言う。

「マクドナルドは、ファミリーレストランなんですよ。ですから、多くのかたの要望に耳を傾けて、ファミリーレストランとして、ご家族で快適に過ごせるようなサービスを提供しなければならないんです。とくにお子様を大切にしなければ、と」

 家族を、何よりも子供を大切に──これはマクドナルドの重要な指針といえる。たとえば、オリンピックのオフィシャルパートナーであるマクドナルドが実施する、子供をオリンピックの開会式に参加させる「オリンピックキッズ」。子供たちの夢を後押しするプログラムだ。

 また病気と闘う親子をサポートする取り組みも続けている。マクドナルドが支援する「ドナルド・マクドナルド・ハウス」は闘病中の子供とその家族が滞在できる、病院に隣接する施設である。利用料は1日1人1000円。

 病気と闘うわが子のそばにいたい…。それもすべての母親に共通する思いである。カサノバはそんな母たちの力になりたいと全国のハウスに足を運び、病気の子供と、子供を支える親たちと交流を続ける。

「お子さんを亡くした親御さんをスタッフのかたがさりげなく気遣ってくれる。そんな思いやりに接すると本当にありがたいなと感じるんです」

 そう話す東京・世田谷区の「せたがやハウス」に宿泊中の群馬県からきた母親に対してカサノバは「もっと快適に過ごすために私たちにできることはありませんか?」と問いかける。カサノバは「ドナルド・マクドナルド・ハウス」についてこう解説する。

「病気の子供は、両親が近くにいた方が回復が早いという調査結果があるんです。

 何よりも長期間、子供の看病を続けるママ同士の情報交換の場、支え合いの場になっているようです。厳しい状況のときには“メンター”が必要なわけですから」

 ロシアに行くか迷っているときに背中を押してくれた父、仕事と生活のバランスを教えてくれる夫…。「メンター」とは精神的な支えになってくれる身近な人のことだ。彼女自身も人生の岐路に立つたび、多くのメンターに支えられたと実感している。

「仕事には、家族の理解、そして周囲の人たちのサポートが必要なんです」

 彼女は女性スタッフに会うと「店長になりたいですか」とよく質問する。しかし「私にはムリです」という答えが返ってくることがほとんど。それはマクドナルドに限った話ではない。多くの女性は責任ある仕事に挑戦したいと思いつつも、家庭との両立や能力に不安を抱えている。

「大切なのは自信を持つこと。チャンスを与えられたらまず引き受けてほしい。まだ準備ができていないと不安を覚える瞬間もあるかもしれません。でも私は、準備ができているからこそチャンスが与えられると思うんです」

 今は働き方も家族の関係も多様で複雑になっている。だからこそ、家族や支えてくれる人たちの存在が、新たな一歩を踏み出すときの自信に繋がるはずなのではないか。

「多くの人たちに支えられながらチャレンジを続けることで自信がゆるぎないものになるんです。最初から自信を持っている人なんていません。私自身がそうでしたから。自分に自信を与えてくれるような“メンター”を持つことも、とても大切なことです」

 カサノバは言う。何よりも子供を育てるお母さんの力になりたいんです、と。

※女性セブン2016年5月5日号