21.5〜27型まで3サイズをラインアップ

写真拡大

LGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区)は、液晶ディスプレイ「MP68VQ」シリーズ3モデルを2016年4月25日に発売する。

いずれも最大解像度1920×1080ピクセルに対応。従来はDisplayPort 接続のみだったAMD「FreeSync」テクノロジーをHDMI接続で実現。対応のAMD製グラフィックカードなどとフレーム/リフレッシュレートを同期させ、歪みやカク付きを抑え滑らかでスムーズな描画が可能だ。最少ベゼル幅5.6ミリ(23型モデル)で、映像への没入感を高める極細フレームを採用する。

暗いシーンを認識して明るく映し出すことで視認性を高める「ブラックスタビライザー」を搭載。「ブルーライト低減モード」、チラ付きを抑制「フリッカーセーフ」など、長時間の作業やコンテンツ鑑賞時に目の負担を軽減する機能を備える。

ラインアップと市場想定価格は、27型「27MP68VQ-P」が3万1000円前後(税別)、23型「23MP68VQ-P」が2万1500円前後(同)、21.5型「22MP68VQ-P」が1万8500円前後(同)。