熊本地震の避難所でノロ集団感染か トイレの水で拡大?

  • 23日、熊本地震の避難所でノロウイルスの集団感染の疑いが発覚した
  • 断水で、トイレのバケツにくみ置いた水を通じて感染が広がった可能性がある
  • 避難生活の長期化に伴う衛生面の悪化が、健康被害につながった形だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング