台湾糖業提供

写真拡大

(台南 23日 中央社)製糖大手の台湾糖業(台糖)は23日、台糖台北会館で370号蒸気機関車の模型の販売を開始した。同機関車は1948年に欧州から輸入された後、サトウキビや砂糖を運搬する糖業鉄道を走った。現在は同社が経営する烏樹林文化園区(台南市)で観光トロッコ列車を牽引している。

模型の発売は台糖の創業70周年を記念したもので、同機関車が走っていた烏樹林、新営、岸内の製糖工場のラベルが付いた3種類を用意。それぞれ168台限定で、価格は1台12万8000台湾元(約44万円)。

台糖は今後、糖業鉄道で使われたディーゼル機関車などの模型も開発したいとしている。

(張栄祥/編集:杉野浩司)