デザイナー「あるある」インフォグラフィック

写真拡大

グラフィックデザイナー2,000人近くを対象に行われた調査の結果が、一冊の本にまとめられた。調査を行った作者たち自身もグラフィックデザイナーであり、その結果はすべてインフォグラフィックで描かれている。

SLIDE SHOW 「デザイナー「あるある」インフォグラフィック」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/11

03

3/11

04

4/11

05

5/11

06

6/11

07

7/11

08

8/11

09

9/11

10

10/11

11

11/11

Prev Next

どんな職業の人でも、自分自身について考え込んでしまうことがある。グラフィックデザイナーも、その例外ではない。その証拠に、GraphicDesign&が新たに出版した『Graphic Designers Surveyed』は、グラフィックデザインの仕事について徹底的に調べあげた本である。

グラフィックデザイナーのルシアン・ロバーツとレベッカ・ライトは、調査対象たちのデザイナーとしての経験に切り込み、この仕事についてどう感じているかを引き出す調査を行うため、社会学者のニカンドレ・コプケの力を借りた。

質問は教育や収入、業界内の男女格差などについてだ。かなり深い質問もあれば、「パントーンでお気に入りは?」のような、些細な質問もある。

米英の2,000人近いデザイナーが回答してくれたおかげで相当量のデータが集まり、デザインスタジオLucienne Roberts+がそれをインフォグラフィック満載の本にまとめた。「Dear Data」プロジェクト(日本語版記事)を手がけたデータデザイナーのステファニー・ポサヴェックが、一部の複雑なデータの可視化を担当した。

調査結果は厳密には科学と呼べるものではない。調査はグラフィックデザイン関係のウェブサイトで広められ、また自主回答方式だったため、若くてネットに強い集団寄りにバイアスがかかっている。とはいえ、クリエイティヴなこの本からは、この業界の現在のリアルな状況が垣間見える。

RELATED

主な発見は以下のとおりだ:

グラフィックデザインに携わる人々は若い。回答者の85パーセントが40才未満だった。“驚くべきことに”男性は女性よりたくさん稼いでいる。英国では、男性が年6万ポンド以上稼げる可能性は、女性の6倍だ。この業界は若干男社会だ。女性の48パーセントが、グラフィックデザインの世界には男性優位の文化があると答えた。グラフィックデザイナーはよく働く。回答者の58パーセントが週40時間以上働いており、78パーセントは支払われている分の時間より長い時間仕事をしていると答えた。稼ぎはよくない。概して、グラフィックデザイナーたちの収入は自分のパートナーより少なく、労働時間は長い。それでも、この業界の人たちはたいていとても幸せだ。55パーセントが自分の仕事に満足していると回答し、85パーセントが友人にもこの仕事をすすめたいと答えた。