待ちに待った休日。人と会ったりせず買い物に行くなど、一人でゆっくり過ごす休日が好きという方も多いのではないでしょうか。

そんな一人で過ごす休日に、若さを保つ秘訣があったら嬉しいですよね。今回は現役モデルとして活動する筆者が、他のモデル仲間にもリサーチした“一人で過ごす休日にモデルがしている自分磨き”をまとめました。

誰にも会わないからこそできる美活動を、5つご紹介します。

■1:普段履かない靴を履く

仕事の日は靴擦れしないものや、歩き疲れないものをどうしても選びがちですよね。そこで休日には、普段履かない靴やヒールをチョイスしましょう。靴を変えることで、その靴を基盤に新しい全身コーディネートが再検討できるので、コーディネートを増やしたい方にもおすすめです。

また、ヒールを履いた場合は、過去記事「美脚モデルは絶対しない!“極太な大根足に直結”するNG癖3つ」にもあるように普段使わない筋肉を使うことができ、足痩せ効果があります。

平日にはヒールを全く履かないという方も、休日に試して足を慣らすことができるのでおすすめです。

■2:休日は脱モノトーン!

いつの間にか、モノトーンの服装ばかり増えていませんか? 特に平日は仕事上、思い切った色は着れないという方も多いのではないでしょうか。若いイメージ代表のピンクや、パステルカラーも「もう年齢的に……」と封印してしまうと、いざ久しぶりに着てみた時に自分でも違和感を感じてしまいます。

休日はモノトーンをやめ、カラーの服に挑戦しましょう。自分の目を慣れさせることができるうえ、気持ちも明るくなります。

■3:休日は“少しだけ”露出を増やす

ミニスカートや、二の腕丸見えのノースリーブなど、自分と年齢が変わらないはずなのに、自然に着こなしている人っていますよね。確かに、年相応に服装を変えていくことも大事かもしれません。しかし、上記で記載した服装のカラーと同じように、自分でセーブをしてしまうと、服装に合わせて“見た目年齢”も上がり続けるばかり。

普段から自然に着こなしている人との違いは、自分で新たな服装に挑戦するのをやめてしまっているか、同じものをルーティンに着続けているかの違いだけだったりします。

また、体のラインを見せずに隠していると、体はなまけて緩む一方……。露出をする機会がなければ、体形を維持しようと思うことも少なくなってしまいます。

休日は、体のラインを隠す服は封印し、少しだけ露出を増やしましょう。見られている意識が伝わって緩んだ体も引き締まるうえ、若々しく見えるコツを掴むことができますよ。

■4:普段使わないメイク道具を休日でお試し

挑戦したい新しいメイク法や、シーズンごとに流行っている限定カラーを、休日に練習してみましょう。休日なら失敗しても気になりません。

特にカラーアイシャドウを試すにはもってこいです。自分に似合う入れ方がわかり、似合うとわかれば、いざという時に失敗なく挑戦できます。

また、昔使っていたものや少しずつ余ってしまっているアイシャドウはありませんか? 余っているアイシャドウ同士の色を組み合わせて使うと、新しい色が生まれることがあります。いつものブラウンアイシャドウも色味が変わり、新しいメイクも発見できるので、組み合わせて試すのもとてもおすすめです。

■5:普段着回さないコーデを休日に試してみる

忙しく過ごしているうちに、服の組み合わせがワンパターンになってしまうこともありますよね。そんな時は、休日を使って普段着回していない服を組み合わせてみましょう。「あれ?この組み合わせ意外にいける」と嬉しい発見があれば、洋服を買い足さなくても新しいコーディネートが増えます。

どういう種類の服が多くて、何が足りていないのかが明確にわかり、着回し上手にもなれるのでおすすめです。

「もう年齢的に……」と考えるのはやめて、休日を使って自分の目を慣れさせましょう。自信がつき、いざという勝負の日も失敗がなくなりますよ。