もうすぐ5月。今月下旬からスタートする、待ちに待ったゴールデンウィークまであと少しです。この春から新しい環境で頑張ってきた方にとっては、まさにご褒美ですよね。ですが、連休を前に「もう心も体も限界……」とお疲れMAXの方も少なくないでしょう。

今回はヨガインストラクターの筆者が、心と体をリフレッシュさせる“ヨガポーズとアロマ”についてお話していきたいと思います。

■1:“ネコのばしのポーズ”で疲れスッキリ

ヨガの“ネコのばしのポーズ”は、リンパが集中する脇の下や、自律神経に関係する背骨を大きく伸ばします。そのため、上半身の凝り・疲れの軽減に効果的です。上の写真を参照しながらやってみましょう!

【ネコのばしのポーズプロセス】

(1)床に四つん這いになる。手は肩幅、足は腰幅程度に開き、肩の真下に手首、股関節の真下にヒザがくるように調整する。

(2)両肘を床についたら両手を前に滑らせ、脇から腕を伸ばしきる。胸まで床につけ、下腹部・お尻を上に引き上げたら、肩の力を抜いて鼻呼吸を5回繰り返す。

(3)両腕をゆっくりと体に引き寄せてから起き上がる。

背中や腰に痛みがある方は、無理をしないように。

■2:ジュニパーベリーで疲れスッキリ

ウッディーな香りが印象的なジュニパーベリーには、疲れた気持ちを回復させ、頭をクリアにする働きが期待されます。また、消毒や殺菌力に優れ、体内の老廃物の排出にも効果的です。

【ジュニパーベリーのアロマスプレーの作り方】(30ml)

・ガラス棒

・ビーカー

・スプレー容器

・ジュニパーベリーのアロマ精油・・・2〜3滴

・お好みでレモンまたはペパーミントのアロマ精油・・・2〜3滴

・精製水・・・25ml

・無水エタノール・・・5ml

全ての材料を混ぜて、容器に移したら完成です。

ただし、ジュニパーベリーの香りは長期的な連続使用、妊娠中の方にはオススメではありません。覚えておきましょう。

アロマスプレーを香らせた空間でヨガポーズを取れば、相乗効果が得られます。「疲れていてしんどい……」という方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

ヨガ初心者がメキメキ上達!「インストラクターも実践する」コツ3つ