外交部ホームページより

写真拡大

(台北 23日 中央社)外交部の李澄然・常務次長は20日、台湾創価学会(台北市)の林廷鋒・執行長らと面会し、政府を代表して同団体から熊本地震への義援金300万台湾元(約1000万円)の小切手を受け取った。

李氏は、日本の被災者に台湾からの思いやりの気持ちを伝える行為だと述べ、台湾創価学会に対し謝意を示した。外交部によると、同団体は2011年の東日本大震災や、今年2月の台湾南部地震でも寄付を行っていたという。

(編集:杉野浩司)